初心者のためのブログ・Webサイト作成手順

スポンサーリンク



自分のサイトをつくろう

 

「ネット上に拠点を作って趣味や仕事の幅を広げたいけど何から始めたらいいかわからない」「パソコンはあまり得意じゃない」とお困りではありませんか?

大丈夫です!誰でも最初は右も左も分からない素人だったのですから。

今この記事を書いている私だって、このご時世に無料のブログすらやったことのない化石のような人間でしたよ!

今回はサイト作り超初心者さんでも簡単にサイトを作れる方法を紹介していきます。

 

 

サイト作りの3つのステップ

まずは簡単な流れを掴みましょう。↓

1.レンタルサーバーを契約
サイト作りの土台です。建設工事でいうと基礎の部分です。

 

2.独自ドメインの取得
ドメインとは、分かりやすく言い換えるとインターネット上の「住所」です。

 

3.WordPressをインストール
サイトのデザイン等を編集するアプリのようなものです。WordPressというツールを使ってサイトを編集していきます。

 

この3つのステップを踏めば自分のオリジナルサイトが簡単に作れます。

 

 

1.レンタルサーバーを契約しよう

レンタルサーバーは月500円~1000円程度と比較的安価で借りることができます。サーバーを借りてホームページ作りの土台を完成させましょう。

初心者におすすめなのは『mixhost』というレンタルサーバーです。

mixhostは月480円という低価格から使えるサーバーにも関わらず、他レンタルサーバーよりも速度が速いというのがのおすすめ理由です。

また、mixhostはサポート対応も迅速です。私もサイト開設時に何度かサポートを利用しましたが、大体2~3時間ほどでメールが返ってきました。

万が一不具合がありサイトが消えてしまっても、30日間もの無料のバックアップもついています。

これほど長期間のバックアップ(しかも自動で)を取ってくれているレンタルサーバーはそうそう無いです。

バックアップ期間に余裕があれば、たとえばハッキングなどの予期せぬ事態に見舞われたとき、気づくのが遅くなったとしても対応が効きますからね。

サイト作り初心者で低コストから始めてみたい方はまずmixhostで挑戦することをおすすめします。

 



mixhostでサイトを作る方法

おすすめのレンタルサーバーはこちら

2.独自ドメインの取得

 

サーバーを契約したことによりサイト作りの土台部分が完成しました。

次は独自ドメイン(サイトアドレス)を取得しましょう。

独自ドメインとは自分のサイトのネット上の住所のようなものです。

これがないと自分のオリジナルサイトを作成できないので、ドメイン販売サイトで取得しておきましょう。

ドメインは年間1000円前後で契約できます。

 

 

ドメインはどこで取得するの?

『Xdomain(エックスドメイン)』『スタードメイン』『ムームードメイン』など、ドメイン販売サイトから取得できます。ほしいドメインが一番安く売っているサイトから購入しましょう。

たとえば、最もよく見るドメインのひとつに「.com」がありますよね。この「.com」が安価で手に入るのが”Xdomain(エックスドメイン)”というサイトです。

また、法人で「co.jp」などを取得する際は、GMOグループで有名なドメインの取得事業者で信頼性のある『お名前.com』を利用するのもいいかも知れません。

このように、用途に合わせてドメイン販売サイトを選びます。
基本的にどのサイトでドメインを取得しても金額にはほとんど差はありません。(せいぜい100円程度です。)

また、料金の高いドメインを使用しているからといって、サイトが上位表示されるわけでもありません。

気軽に気に入ったドメインを取得しましょう。

 

 

ドメイン取得の際に気をつけること
1.ドメイン取得時の費用と更新時の費用の違い
2.Whois情報公開代理サービスの有無
3.ブランド名や商標名は避けること
詳しい解説はこちら

※ちなみに管理人がいちばん最初に利用したのは、サーバーはmixhostでドメインはエックスドメイン。mixhostは安くて速いということと、ドメインは”.com”が欲しかったので販売サイトを見比べてその時一番安くて使い勝手が良さそうだったのがエックスドメインだったからです。サーバーもドメインも何を選べばいいのかいまいち分からないって方はmixhostとエックスドメインの登録法をまとめた記事を用意したので参考にしてみてください。↓

 初心者のためのサイト開設

 

 

ドメインが取得できたら最後のステップに進みましょう。

 

3.WordPress(ワードプレス)をインストール

 

「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」でサイトを開設することができました。しかし、初期状態だとサイトは簡素でまっさらな状態です。

サイトのデザイン編集や記事投稿が簡単にできる無料ブログソフト『WordPress(ワードプレス)』をインストールしてサイトを編集していきましょう。

本来、Webサイトを作成、公開するためにはHTMLやCSSの知識が必要ですが、ワードプレスを利用すればそのような専門知識などをもっていなくとも、ブログ感覚でWebサイトを作成、公開する事が出来るのです。

※このワードプレスは、mixhostならボタン一つで自動インストールできるようになっています。

ワードプレス解説【メリットや機能】

mixhostでワードプレスをインストールする方法

 

おめでとうございます!これであなたのサイトがようやく完成しました。

 

まとめ

いかがでしたか?

1.レンタルサーバーを契約

2.独自ドメインの取得

3.WordPressをインストール

 

3つのステップを踏むだけと考えれば、サイト開設はそれほど難しくはないのではないでしょうか?

デザインの変更や記事の投稿も最初は難しく感じるかもしれませんが、触っていれば誰でもそのうち覚えるので心配は要りません。

管理人も初めは右も左も分からず自分のサイトにログインすら出来ない状態でした。

焦らずゆっくり自分のペースでオリジナルサイトを作っていきましょう。

きっとあなたの趣味や仕事の幅を広げてくれることでしょう。

おすすめの記事

超初心者でもmixhostでサイトを1から作る方法

人気のドメイン販売サイトは?失敗しないドメインの取得法

初心者でも使えるおすすめレンタルサーバー

ワードプレスって何?ブログサイト運営初心者のためのWordPress解説

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です