ブログ専用テーマOPENCAGE(オープンゲージ)の特徴と評価

スポンサーリンク



OPENCAGE(オープンケージ)が提供するテーマをご存知ですか?

有名ブロガーの”ブログマーケッターJUNICHI氏”が監修を勤めた、WordPressを利用したブログマーケティングをされている方におすすめしたいテーマであります。

OPENCAGEのテーマには種類があり、それぞれに特徴があり価格が違っています。

ちなみにJUNICHI氏自身のブログは、最新テーマのSTROK(ストーク)のようですね。

この記事では、そのSTROK(ストーク)を含めたOPENCAGE(オープンケージ)の3種類のテーマを紹介していきます。

 

OPENCAGEテーマの共通の特徴


 

「誰もが簡単に美しいデザインのサイトを」をテーマにデザイン性に優れ たテーマを配信しているOPENCAGE(オープンケージ)。

全てワードプレスのブログ専用テーマですが、完成度はどれも高いです。

ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを 構築することができます。

テーマ自体もそれほど重くないので、レンタルサーバーが高性能でなくともしっかり動作してくれます。

このOPENCAGEの最大の特徴は、全てモバイルファーストでつくられているというところです。

PCはもちろん、スマホで見た時のデザインが他のテーマと比べて秀でていると思います。

また、OPEN CAGEのテーマはデフォルトでランディングページとCTAの作成機能がありますので、ブログで収益を上げたい人には嬉しい機能ですね。

どれも素晴らしいテーマですが、どんな用途で使いたいのか、予算と相談しながらOPENCAGEテーマを選びましょう。



 

OPENCAGEテーマ一覧

ここからはそれぞれのテーマの特徴を解説していきます。

 

 

ALBATROS(アルバトロス )

販売価格 ¥7,980(税込)

 

シンプルなデザインでコンテンツをとにかく見やすく、モバイルファーストで設計されているのでスマートフォンで表示した際もデザインが崩れることなく美しいままです。

この3つのテーマの中では一番古いものですが、アニメーションが必要ないという方、トップページの大きな画像が切り替わるデザインが好きな方はこちらを選ばれてはいかがでしょうか。

 

OPENCAGEアルバトロスを入手↓

 

 

Hummingbird(ハミングバード )

販売価格 ¥7,980(税込)

 

ハミングバードは「誰が使っても簡単に美しいブログサイトを!」をコンセプトとして開発されたWordPress用テーマです。

シンプルなデザインながら、アニメーション効果でさり気なくパワフルにコンテンツを目立たせます。

もちろんモバイルファーストで設計されているのでスマホでの見た目が抜群ですし、アニメーション効果はオフにもできます。

表示速度を気にするならばオフにした方がいいのですが、サーバー機能がしっかりしていれば気にならないです。

 

OPENCAGEハミングバードを入手↓

 

 

STORK(ストーク)

販売価格 ¥10,800(税込)

ブログマーケッターJUNICHI監修のもとOPENCAGEが開発したブログマーケティングのためのWordPressテーマです。

スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわったデザインとなっています。

スマホでのアクセスが上がっている中、スマホでのテンプレートを考慮しないという選択はありません。

記事の編集機能を強化するプラグインを導入したりと、初心者が使いこなすには多少勉強が必要ですが、そのままでも十分な機能が備わっており、使って損はないはずです。

絶対ブログを収益化したい!という方はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

 

OPENCAGEストークを入手↓

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です