子テーマにphpファイルが無い!?FFFTPでphpファイルを子テーマで表示させる方法

スポンサーリンク



賢威で子テーマを作って「いざ編集しよう!」と「外観」→「テーマ編集」に進むとわかるかと思いますが、「親テーマ」にあったheader.php(ヘッダーをカスタマイズするためのテンプレート)やsocial-button.php(ソーシャルボタンを作成するためのテンプレート)が無いことが分かります。

実は賢威の子テーマは作成したばかりのときはphpファイルがスッカラカンの状態なのです。

子テーマでheader.phpやsocial-button.phpなどを編集するには、「親テーマ」から「子テーマ」にphpファイルをコピーして作成する必要があります。

この記事では、「子テーマ」にphpファイルを表示させる方法のひとつである、FTPソフトを使ったphpファイルのコピー法を解説していきます。

 

 

「子テーマ」の作り方がわからない方は、賢威の「子テーマ」作成法を一からまとめた前回の記事を参考にしてみてください。



子テーマに編集したいphpファイルを表示させる方法

social-button.phpやsub-contents.phpなどのphpファイルは、「親テーマ」から「子テーマ」にダウンロードして作成する必要があります。

ファイルのダウンロードは、FFFTPなどのFTPソフトを使用して、「親テーマ」から目的のphpファイルをダウンロードし、そのまま子テーマにアップロードするのが、最も一般的な方法です。

また、これらのソフトを使用してファイルをコピーしておけばそのままバックアップが取れるので、安全に「子テーマ」にファイルをダウンロードできる上にバックアップもついでにできるという一石二鳥の効率的な方法と言えるでしょう。

今回は「FFFTP」というFTOソフトを使用して、phpファイルをダウンロードする方法を解説していきます。

 

FFFTPのダウンロード

 

 

FFFTPは、無料で使えるFTP専用のファイル転送ソフトです。

手元のPCで作成したWebサイトのファイルをサーバーにアップロードする際には、欠かせないFTPソフトの中でも人気の高いソフトです。

ドラッグ&ドロップで直感的にファイルのコピーを作成したりアップロードできるようになっています。

【1】ソフトをダウンロード
まずはダウンロードページにアクセスしてソフトをダウンロードしましょう。

FFFTPダウンロードページ

 

【2】確認ウィンドウが出てきますので、「ファイルを保存」をクリックします。

 

【3】ファイルの保存が完了したら、保存されたファイルを開きましょう。

すると、ユーザーアカウント制御のポップアップが表示されるので「はい」をクリックします。

 

【4】「次へ」と「はい」で進んでいきましょう。

 

 

 

※この画面の時に”デスクトップ上にショートカットを作成する”にチェックを入れておくとデスクトップにFFFTPのアイコンが表示されるようになるので便利です。

 

「完了」をクリックすればインストール終了です。

 

FFFTPの初期設定

【1】FFFTPでサーバーに接続するためには、新規ホストを作成しなければなりません。

 

FFFTPを起動して次の画面で「新規ホスト(N)」をクリックしてください。
※既に作成済みの方は不要です。

 

【2】必要項目を入力して下さい。

 

1・ホスト名
サーバーと同一のものを入れます。サーバーの管理画面で確認できます。
(ホスト名とはIPアドレスであったり、 www.**********.comのようなドメインのこと)

2・ユーザー名
サーバーと同一のものを入れます。サーバーの管理画面で確認できます。

3・パスワード/パスフレーズ
サーバーのパスワードと同一のものを入れます。

※ここで入力するのはお使いのレンタルサーバーの管理画面に進むときのログイン情報です。

 

以下のの項目は入力しなくても大丈夫です。

 

4・ホストの設定名
ホスト一覧に表示される名前です。さっき入力したホスト名がホスト設定名となります。

5・ローカルの初期フォルダ
FFFTPに接続したときに自動的に最初に出てくるPC側のフォルダを指定できます。自分のサイトのデータが入っている場所を指定しておくと便利です。

6・ホストの初期フォルダ
FFFTPに接続したときに自動的に最初に出てくるサーバー側のフォルダを指定できます。

7・最後にアクセスしたフォルダを次回の初期フォルダとする
チェックを入れておくと、最後にアクセスした場所を次回も表示してくれます。

必要情報を入力したら「OK」をクリックしてください。

 

【3】FFFTPでサーバーへ接続
さっき入力したホストの設定名を選択して、「接続」をクリックしましょう。

 

【4】「暗号化の状態の保存」と出ますが、「はい」か「いいえ」のどちらでもかまいません。

これでサーバーへの接続が完了します。

 

phpファイルを子テーマにアップロード

試しに賢威テーマのindex.phpを「子テーマ」にアップロードしてみましょう。

FFFTPの画面の見方は、左が手元のPC、右がサーバーになります。

 

このフォルダアイコンボタンで一つ上のフォルダに移動できます。

 

【1】サーバー上のファイルを、手元のPC上にコピーします。
画面右側のサーバーから「親テーマ」のフォルダを探し、そのフォルダから「子テーマ」にアップロードしたいphpファイルを見つけ出しましょう。

今回はindex.phpを「子テーマ」に追加してみたいと思います。

「親テーマ」の中からindex.phpファイルを探します。

 

【2】コピーしたいファイル(index.php)を右クリックし、「ダウンロード」をクリックします。


すると左画面の手元pcにindex.phpフォルダのコピーが生成されます。
※PCへファイルをコピーすることでサーバーのバックアップを行うことも可能です。

 

【3】「子テーマ」にindex.phpファイルをアップロードします。
左画面の手元PCに、index.phpファイルをコピーしたら、右下面で「子テーマ」フォルダを探しましょう。

 

「子テーマ」フォルダが見つかったら先ほどコピーしたindex.phpをドラッグ&ドロップでアップロードできます。

 

【4】「子テーマ」にphpファイルが表示されているか確認します。

ワードプレス管理画面の「外観」→「テーマの編集」で画面右に「index.php」が表示されていれば成功です。

他の編集したいphpファイルも同じ方法でアップロードすることで、「子テーマ」で編集できるようになります。

 

 

 

まとめ

以上が「子テーマ」にphpを表示させる方法でした。

子テーマを利用してcss等を編集をすれば、もし間違ってしまったとしても、ダメになったファイルをサーバーから削除するだけで元通りになるので、安心していろいろなカスタマイズにチャレンジが出来ます。

バックアップが取れるのは非常に嬉しい効果なのでぜひこのFFFTPを活用していただきたいです。

WordPressのための高速高性能サーバーwpX



高速高安定!最高のパフォーマンスを発揮



スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です