導入必須!今すぐできるSEO対策プラグインGoogle XML Sitemaps

スポンサーリンク



今回お話するのは人間用のサイトマップのことではありません。

クローラー(ウェブに存在するページを収集するプログラム)に新規ページをいち早く検索エンジンgoogle等に登録してもらい、上位表示までの期間を短縮するためのサイトマップです。

「Google XML Sitemaps」の導入はワードプレスを始めた人がいちばん最初に簡単できるSEO対策なのです。

Google XML Sitemapsとは

「Google XML Sitemaps」は検索エンジン向けのXMLサイトマップを作成し、新しい記事を公開した時には自動でサイトマップを更新しクローラーに通知してくれるプラグインです。

ここでは「Google XML Sitemaps」のインストール方法と設定法について解説していきます。

Google XML Sitemapsのインストール

さっそく「Google XML Sitemaps」をワードプレスでインストールしてみましょう。

【1】ワードプレス管理画面左の「プラグイン」を選択し「新規追加」をクリックしましょう。

【2】「プラグインの検索」で「Google XML Sitemaps」を検索しましょう。

【3】「今すぐインストール」をクリックし、インストールが完了したらインストール済みプラグインの画面で「有効化」します。

これで利用前の下準備が完了しました。

Google XML Sitemapsの設定

次に「Google XML Sitemaps」の設定を行っていきます。

【1】管理画面の「設定」メニューの中にある「XML-Sitemap」をクリックしてください。

【2】「Google XML Sitemaps」の設定画面が表示されます。

 

基本的な設定

ここでは検索エンジンへの通知をするかどうかの設定ができます。

ここでは全ての項目にチェックを入れておきましょう。

「優先順位を自動的に計算しない」を選択します。

これは後程自分で設定するためです。

Sitemapコンテンツ

サイトマップに載せる内容を詳しく設定することができます。

次の4つの項目には必ずチェックを入れておきましょう。

・ホームページ
・投稿(個別記事)を含める
・カテゴリーページを含める
・最終更新時刻を含める

重要なページだけをサイトマップに載せ検索エンジンに不要なページは見に行かないよう促します。

次にサイトマップに掲載したくないカテゴリーと投稿・固定ページを指定します。

基本的にはデフォルトのままで問題ないでしょう。

更新頻度の設定

更新頻度を指定して検索エンジンに知らせることができます。

分からないときは下記の画像を参考にしてください。

次の4箇所だけ更新頻度を設定し、それ以外は「更新なし」にしておきましょう。

・ホームページ:毎日
・投稿(個別記事):毎週
・カテゴリー別:毎週
・古いアーカイブ:毎年

不要な項目を外すことで、クロールの最適化を図る事ができます。

優先順位の設定

優先順位は、1.0(非常に重要)から 0.1(ほとんど重要ではない)の範囲で指定することができます。

分からないときは画像を参考にしてみてください。

※不具合について

上記の通り設定を行うと「カテゴリーの更新頻度」と「優先順位の設定内容」が反映されない不具合が起こっています。

サイトマップを確認すると下図の赤枠のように反映されていません。

この不具合が起こった場合は「更新頻度の設定」で「タグページ」を”毎週”に設定。

「優先順位の設定」で「タグページ」を”0.8”と設定してください。

この項目は基本的には設定したくありませんが、今後のバージョンアップで改善するのを待つしかありません。



スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です