ブログで簡単自動もくじ生成!おすすめプラグインTable of Contents Plusの設定と使い方

スポンサーリンク



ワードプレスで記事の目次を手動で作っている皆さん!もっと手軽に目次を作れちゃう方法がありますよ。

今回は自動目次生成プラグイン「Table of Contents Plus」の解説です。

Table of Contents Plusとは

「Table of Contents Plus」はワードプレスでインストールして利用できる無料のプラグインです。

「Table of Contents Plus」をプラグインに追加すると、見出しを元に目次を自動生成することができます。

手動で目次を更新したり、アンカーリンクを貼る手間を省くことができます。

このプラグインは見出しを元に目次を生成するので、記事内で見出しをちゃんと使い分けている人にはおすすめですが、見出し機能を使っていないと目次は生成されません。

ご注意ください。

 

WordPressのための高速サーバー



Table of Contents Plusをインストール

まずは「Table of Contents Plus」をワードプレスにインストールしましょう。

ワードプレスのプラグインの「新規追加」で「Table of Contents Plus」を検索して簡単にインストールすることができます。

いかりマークが目印です。

インストールしたらすぐに 「有効化」 しましょう。

これで「Table of Contents Plus」の導入は完了!後は自由に設定していきましょう。

Table of Contents Plusの設定

インストールして有効化できたら次は設定をしていきましょう。

「プラグイン」の「インストール済みプラグイン」の中から「Table of Contents Plus」を探し「設定」ボタンを押すと設定画面が開きます。

もしくは、「設定」→「TOC+」からも設定画面を開くことができます。

それでは実際に設定していきましょう。

目次を表示させる場所

どこに目次を表示させるかを設定できます。
デフォルトだと、”いちばん最初の見出しの前”に表示されるように設定されています。

目次の表示条件

「表示条件」を数字を設定すると、設定した数以上「見出し」がある時に目次が表示されます。
例えば、画像のように「表示条件」を2に設定すると、「見出し」が2個以上ある時に目次が自動で表示されるようになります。

目次を表示させる公開ページの選択

目次を表示させたい記事(ページ)を設定できます。

設定するとしたら以下の項目になるでしょう。

post
通常の記事

page
固定ページ

※通常の記事に目次を表示させる場合は「post」にチェックを入れましょう。

以下の項目はプラグインを導入、有効化することによってできる項目になります。

wpcf7_contact_form
コンタクトフォーム
※プラグイン「Contact Form 7」を有効化していた場合に表示される項目。

custom_css
カスタムcss
※プラグイン「Simple Custom CSS」を有効化していた場合に表示される項目。

etc

プラグインによって追加される項目に目次を表示させる必要はないので触らなくても大丈夫です。

目次のデザイン・表示設定

目次のデザインや表示法を設定することができます。

 

プレゼンテーションの”カスタム”で自分でデザインすることもできます。

※「上級者向け」の表示をクリックすると、高度な設定ができますが、デフォルト設定のままで問題ありません。

 カスタムで目次を作成する ときは、「CSS ファイルを除外」にチェックを入れましょう。

「CSS ファイルを除外」にチェックすることで、自分でカスタムした目次を表示させることができます。

これで設定は完了です。

おまけ

好きな記事にだけ目次を表示させる方法

「以下のコンテンツタイプを自動挿入」のチェックを全てはずします。

目次を挿入したい記事の好きな場所に以下の[toc]というショートコードを記述すればOKです。

逆に目次を表示させたくない時は、記事にと記述すれば目次が表示されなくなります。

サイトマップの作成

このプラグインではサイトマップを自動で作ることもできます。

その方法も簡単で、ページにsitemapと記述すれば、自動的にすべてのページとカテゴリのサイトマップを作成します。

サイトマップに関する細かい設定は「Table of Contents Plus」設定画面の「サイトマップ」より行うことができます。

まとめ

「Table of Contents Plus」では目次とサイトマップの自動生成が可能です。

このプラグインを使えばわざわざ記事ごとに目次を手動で作る手間が省けますし、読み手にも親切な記事を作ることができますね。

サイトマップも自らの手で記事を更新する度に修正しなくとも、自動でこのプラグインが仕事してくれます。

手間が省けるって便利です。



スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です