サイト復元がクリック操作だけ!mixhostのバックアップ機能が優秀すぎた。

スポンサーリンク



皆さんバックアップはちゃんと取っていますか?

あらゆるリスクから自分の大切なサイトを守るためにもバックアップはしっかり取っておきましょう。

さて、前回の記事で書いたようにワードプレスでは「BackWPUp」というプラグインを使って簡単にバックアップを取ることができますが、今回解説するのは、私が使っているmixhostというサーバーのバックアップ機能についてです。

当サイトでも再三おすすめしているmixhostですのでご存知の方も居ると思いますが、とりあえずどんなサーバーなのかおさらいしておきましょう。

mixhostとは

mixhostは月480円という低価格から使えるサーバーにも関わらず、他レンタルサーバーよりも速度が速いというとっても高性能なレンタルサーバーのひとつです。

高速性を追求し、一般的なWebサーバーであるApacheよりも数十倍~数千倍高速で完全な互換性を持った「LiteSpeed」Webサーバーを日本で初めて採用したmixhostは、間違いなく今いちばん熱いレンタルサーバーでしょう。

高機能な面は早さやコストパフォーマンスだけではありません。

mixhostは、万が一ハッキングの被害にあったり手違いでサイトを消してしまったとしても、30日間の無料の自動バックアップがついてるので安心してサイト運営ができるのです。

定評あるあのXSERVERでもバックアップは14日間ですから、30日間ものバックアップ機能は非常に心強いです。

時間に余裕があればハッキングやサイトの異変に気づくのが遅れたときでも対応できますからね。

このようにサポートが充実しているというのもmixhostの利点です。

 



mixhostの自動バックアップ機能について

mixhostはサイトのデータを1日1回、外部のバックアップサーバーに自動的でバックアップを行っています。

バックアップは過去30日間分保持されていて、任意の日付を指定して復旧させることができます。

時間指定までは流石にできないですが、好きな時点に戻って復旧できるのはかなり融通が効くと思います。

復元する事のできるデータはファイルとデータベースです。

復元時の注意点

復元を実行する前に、現在のデータが削除されても問題ないか必ず確認しましょう。

バックアップデータを復元すると、全てのデータがバックアップのものに置き換えられます。

また、データ量が多い場合は復元に時間がかかりる可能性があります。

作業中の場合は必ず終えてからにしましょう。

mixhostでの復旧手続きをしよう!

ファイルのバックアップ復元

さっそく復元法を解説していきます。

まずはファイルのバックアップの復元方法です。

 

【1】まずはmixhostのcPanelにログインしましょう。

 

【2】JETBACKUPの「File Backups」をクリックして下さい。

 

【3】復元したい日付を選択し、復元したい日時の右側のファイルマネージャーをクリックします。

 

【4】ファイルリストが表示されるので、各種データから自身が復元したいディレクトリを選択します。

フォルダを開く場合はフォルダ名をクリック、復元したいフォルダまたはファイルを選択する時は、右側のチェックボックスにチェックを入れます。

 

【5】ファイルを選択し、「選択したファイルをリストア(Restore Selected Files)」をクリックしましょう。

 

【6】確認メッセージが表示されるので、”私は上記の注意事項を理解しています”にチェックを入れ「Restore」をクリックしたら復元開始です。

※通知先メールアドレスにメールアドレスを入力すると、復元完了時に通知メールが送信されます。(入力は任意)

 

【7】復元の進捗状況を確認するには、「Queue(キュー)」をクリックします。
cPanelのトップ画面から、JETBACKUPの「Queue」で進めます。

”Files restore Completed!”と表示されていたら復元は完了です。

データベースのバックアップ復元

【1】cPanelへのログインしJETBACKUPの「Database Backups」をクリックして下さい。

【2】復元したい日付とデータベースを選択し、復元したいデータベースの右横の「リストア」をクリックします。

 

【3】あとはファイル復元時と同じように確認メッセージが出るので、”私は上記の注意事項を理解しています”にチェックを入れ「Restore」で復元を開始します。

 

【4】復元の進歩状況を確認するときも同じく「Queue」で見ることができます。
”Database restore Completed!”と表示されたら復元は完了です。

まとめ

とんでもないサーバーが出たものですね。

mixhostを契約した当時は、私もまさかこんな簡単な操作でサイトを復元できるとは夢にも思っていませんでした。

ただし、mixhostでバックアップが簡単にできるとは言え、やはり備えは多いほうがいいです。

mixhostでは「バックアップ」から「完全Webサイト バックアップのダウンロード」で手元のPCにサイトのデータを丸ごとダウンロードすることもできます。

ローカル環境にもバックアップを取っておけるので、サーバーに万が一のことがあったとしてもこのデータで復旧することができます。(※サーバーのバックアップファイルはそのまま残しておくとサーバの容量を圧迫するので、ダウンロード後は削除しましょう。)

mixhostはローカル環境へのバックアップもクリックひとつで行えますので、サーバーのバックアップだけでは心配という人は利用してみましょう。

ワードプレスでインストールできる「BackWPup」等のプラグインなども利用してバックアップを取るのもいいですね。

もしもの事態にも対応できるようにしておきましょう。

初心者でもできるWordPressのバックアップ方法!BackWPUpの使い方”という記事で「BackWPup」について解説しているので興味があれば見てください。

 
サイト

MixHost

SEOテンプレート【賢威】

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です