【最新版】導入必須のWordPressプラグインAll In One SEO Packの設定法を簡単にまとめてみた

スポンサーリンク



「All in One SEO Pack」はこれ1つでワードプレスのSEO対策の設定をほぼ全て管理できる便利なプラグインです。

検索エンジンの巡回時の設定や、検索結果に表示される内容を自分で設定することができます。

また、SEO対策に欠かせない要素である「XMLサイトマップ生成機能」や「ソーシャルメディアの設定」などもこのプラグイン1つででカバーすることができるので、複数のプラグインを導入する手間が省けるので非常に使い勝手がいいです。

オンラインマニュアルは英語表記となっていますが、設定画面は日本語になっており、この記事でも画像付きで解説していくので、同じように設定していただくだけで大丈夫です。

All in One SEO Packとは

ワードプレスでインストールして使用することができるプラグインで、様々なSEOの設定をこのプラグインひとつで行うことができます。

無料で使用できるにも関わらず非常に多機能で、Googleサーチコンソール(旧名:ウェブマスターツールやGoogleアナリティスク等と簡単に連携できるのがポイントです。

今回は「All in One SEO Pack」の設定と使い方を解説していきます。

さっそくワードプレスにログインして「All in One SEO Pack」をインストールしましょう。

All in One SEO Packでできること

まずは「All in One SEO Pack」で具体的に何が出来るのか挙げていきたいと思います。

1.投稿記事や固定ページにSEOキーワードを設定することができる

「All in One SEO Pack」を設定すると投稿記事ごとにSEO対策を施すことができ
集客効果を狙うことができます。

実際の設定画面がこちらです。

このように「タイトル」、「ディスクリプション」では検索エンジン上で表示される説明文を自由に設定できます。

ユーザーの興味をそそられるような文章を記入することで集客率を上げる狙いがあります。

また、「ソーシャル設定」では、SNSでの拡散対策として画像を設定することも出来るので、アイキャッチにインパクトを持たせクリック率を上げることが期待できます。

2.サイトマップの送信ができる

「All in One SEO Pack」の「Google XML Sitemap」という機能で、記事を投稿したときに検索エンジンに更新情報を送ることができるので、記事が早くインデックスされやすくなります。

3.GoogleサーチコンソールやGoogleアナリティスクとの連携が簡単にできる

「All in One SEO Pack」ではGoogleサーチコンソールやGoogleアナリティスク等のアクセス解析ツールとの連携を簡単にできます。

4.不要なページをインデックスさせない設定ができる

「All in One SEO Pack」では投稿記事にSEOを施すことができますが、逆に検索エンジンにインデックスさせる必要のないページを設定することもできます。

インデックスさせる必要がないページとは、例えばアーカイブ、プライバシーポリシー、特商法などのことです。

不要なページをインデックスさせてしまうと低品質なコンテンツと見なされてしまう可能性があるので、これらをインデックスさせないように設定するのは重要なことです。

「All in One SEO Pack」でできることは大体こんな感じです。

このようにほぼ全てのSEO対策が「All in One SEO Pack」ひとつで可能になります。

All in One SEO PackでSEO設定

「All in One SEO Pack」をインストールし有効化するとワードプレス管理画面の左横の項目に「All in One SEO」という項目が追加されます。

管理画面上のバーにも「SEO」という項目が追加されるようになります。

どちらからでも「All in One SEO Pack」の設定に入ることができるので、クリックして設定画面を表示させましょう。

 

一般設定

サイト全体のSEOに関わる設定ができます。

画像と同じように設定するだけでOKです。

ポイント

「Canonical URL」の項目には必ずチェックしておきましょう。

Canonicalとは、URLの正規化を意です。

同じ内容の記事を投稿してしまった等重複コンテンツがある場合、検索エンジンにマイナス評価やペナルティを受けてしまう可能性があるので、そういった場合に有用になります。

ポイント

「ページネイションをCanonical URLsにしない 」は、ページ送りの意です。

記事内でページ分けをしている場合はチェックを入れても良いでしょう。

ほどんどの場合は記事内でページを分割するより2ページ目を別の記事として書く人が多いので、この項目は無視しても大丈夫です。

 

ホームページの設定

ブログのタイトルとして検索エンジンに表示されるタイトルとディスクリプションの設定が可能です。

「ホームタイトル」にはブログの名称を、「ホームディスプリクション」にはサイトの説明を入れましょう。

ポイント

「ホームキーワード」の設定は、下のほうにある「キーワード設定」の「キーワードを使用」を有効にすることで設定できるようになります。

「ホームキーワード」には、サイトに関連するキーワードを入れましょう。

ホームディスクリプションに書いてある単語を抜粋し何固か書き出すだけで大丈夫です。

 

タイトル設定

 

「タイトルを書き換える」を無効に設定します。

 

カスタム投稿タイプ設定

「カスタム投稿タイプ設定」は、「投稿」「固定ページ」以外にカスタムした独自の投稿タイプ(カスタム投稿)がある場合、カスタム投稿の設定が行えるものです。

初心者はまず使うことはないので無効にチェックを入れても問題ないですが、設定しておけばいつカスタム投稿を使えます。

 

表示設定

「All in One SEO Pack」の設定メニューのをどこに表示するかの設定です。

「メディア」や「カスタムcss」などは、初心者が触れることはないので、必要である場合を除いてチェックを入れる必要はありません。

ポイント

「投稿」、「固定ページ」には必ずチェックを入れましょう。

 

ウェブマスター認証
「ウェブマスター認証」ではGoogleサーチコンソール(旧名:Googleウェブマスターツール)やBing webマスターツールとの連携ができます。

ウェブマスターツールを利用していない場合は設定不要ですが、Googleサーチコンソールだけは登録し設定しておくことを推奨します。

Googleサーチコンソールとの連携

まず最初にGoogleサーチコンソールに自分のサイトを登録します。

Googleサーチコンソールへ

Googleサーチコンソールにログインしたら「プロパティを追加」をクリックします。

※登録できたサイトは画面中央に表示されるようになります。

「プロパティを追加」をクリックしたら「ウェブサイト」に自分のサイトのURLを入力し「追加」してください。

次にサイトの所有権を証明します。

以下の方法で承認を行うことができます。

もし、既にGoogleアナリティスクで同サイトを登録していた場合は、「Googleアナリティスク」を選択した時点で承認が完了します。

Googleアナリティスクを利用していない場合は「HTMLタグ」という方法を選択しましょう。

「別の方法」タブ、もしくは「おすすめの方法」タブの中に、「HTMLタグ」という項目があるのでクリックしてください。

するとタグが表示されるので、” ”で囲まれている部分をコピーしておきましょう。

「All in One SEO Pack」の設定画面に戻り、「Googleウェブマスターツール」の項目にコピーしたタグを貼り付けましょう。

タグを貼り付け終えたら一度「設定を更新」しましょう。

再びGoogleサーチコンソールの画面に戻り、画面下の「確認」をクリックして下さい。

”~~~の所有権が確認されました。”というメッセージが表示されれば認証成功です。

 

Googleの設定
ここではGoogle関連の設定を行うことができます。

具体的には、Google+プロフィールやGoogleアナリティスク等の連携が可能になります。

Google+プロフィールと連携する場合は、「Google+プロフィール」項目にGoogle+プロフィールページのURLを貼り付けるだけでOKです。

続いてGoogleアナリティスクとの連携方法の解説です。

Googleアナリティスクと連携する

連携を設定するにはGoogleアナリティスクでアカウントを作成する必要があります。

アカウントを持っていない場合はGoogleアナリィスクへアクセスし、Googleアカウントでログインし登録しましょう。

Googleアナリティスクへ

必要情報を入力し、アナリティスクIDを取得しましょう。

入力情報

【ウェブサイトの名前】
自分のサイトの名前

【ウェブサイトのURL】
自分のサイトのURL

【業種】
任意の業種を選択

【レポートのタイムゾーン】
日本を選択

 

「トラッキングIDを取得」を取得しましょう。

設定から「プロパティの設定」と進みます。

 

トラッキングIDが表示されるのでコピーしておきましょう。

 

 

「All in One SEO Pack 」の設定画面に戻り「Google設定」の「GoogleアナリティスクID」の項目にコピーしたIDを貼り付けてください。

「設定を更新」するとGoogleアナリティスクとワードプレスの連携が開始されます。

以上で「Google設定」は完了です。

 

Noindex設定
noindexでは、検索エンジンにインデックスされたくないページを設定することができます。

不要なページをあらかじめ検索エンジンにインデックスさせないように設定することで、SEOを最適化できます。

一般的には、「投稿」「固定ページ」以外の項目にはチェックを入れても構いません。

インデックスしてもらう必要のない項目にはチェックを入れて指定しますが、どこにチェックを入れるかは運営しているサイトによって異なるので、よく分からない場合は下図を参考にしてください。

 

詳細設定
よく分からない場合は下図を参考にしてください。

ポイント

「ディスプリクションを自動生成」の項目にはチェックを入れることを推奨します。

ディスプリクションとは、検索エンジンで検索した際に表示される文章のことです。

この項目にチェックを入れておくと、記事の本文から自動でテキストを取得するようになります。

任意でディスプリクションを設定したい場合は、ワードプレスの記事一覧から編集したい記事を選択し、一番下に表示されている「ディスプリクション」で書き換えることができます。

 

キーワード設定

投稿や固定ページのディスプリクションを設定するときに、キーワードを設定できるようになります。

現在Googleの検索エンジンはメタキーワードを検索結果の順位付けの条件に使用していないようで「無効」でもいいでしょう。

これで「All in One SEO Pack」のSEO設定は完了です。

XMLサイトマップの設定

ここからは、SEOでは欠かせないサイトマップの設定を行っていきます。

XMLサイトマップとは、人間用のサイトマップではありません。

検索エンジンに、サイト内にどのようなページやカテゴリーがあるのかを伝えるためのものです。

サイトマップの作成もまた、検索エンジンに記事をいち早くインデックスしてもらうため、SEO対策において非常に重要と言えます。

 

XMLサイトマップの機能を有効化する

XMLサイトマップを設定するには、「All in One SEO Pack」の「機能管理」から「XMLサイトマップ」を有効化する必要があります。

すると 「All in One SEO Pack 」のメニューに「XMLサイトマップ」という項目が追加されるので、クリックして設定画面を表示します。

 

XMLサイトマップ
ここでの設定も項目が多いので、よく分からない場合は下記画像を参考にしてください。

ポイント

変更を予約
「更新を予約」はGoogleに通知する更新頻度によって設定します。

 

ポイント

サイトマップインデックスを有効化
「サイトマップインデックスを有効化」は、50000URLを超える大規模サイトであればチェックをしましょう。

ほとんどのサイトの場合はこの項目はチェックしなくても大丈夫でしょう。

 

投稿タイプ
「投稿タイプ」はサイトマップに加えるページを設定できます。

 

タクソノミー
ここでもサイトマップに加えるページを設定します。

 

圧縮版サイトマップを構築する
サイトマップを圧縮したファイル形式で通知する設定です。

 

仮想 Robots.txt からリンクする
仮想 Robots.txt ファイルに Sitemap.xml へのリンクを配置します。

 

サイトマップを動的に生成
サイトマップを自動で生成する機能です。

 

追加ページ
追加ページを設定できますが、初心者はまず触ることはないので特に指定がなければデフォルトのままで大丈夫です。

 

除外項目
XMLサイトマップに含めたくないカテゴリ、ページを指定することができます。
「未分類」や「Uncategorized 」は除外するのでチャックしましょう。

 

優先順位
デフォルトのままでOKです。

 

頻度
デフォルトのままでOKです。

「サイトマップを更新」をクリックしたら設定完了です。

XMLサイトマップの確認

実際にサイトマップが生成されているかどうかは、「サイトマップのステータス」の”ここをクリックして サイトマップを表示 ”をクリックすると確認できます。

検索エンジン用のサイトマップなので、作成されていることが分かれば記載内容が分からなくても問題ありません。

後はこの画面のURLをGoogleサーチコンソールに貼り付けるだけなので、以下で説明していきます。

GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを登録

サイトマップを作成したらウェブマスターツールに設定することでやっとサイトマップとしての機能を発揮することができます。

今回はGoogleサーチコンソール(旧名:ウェブマスターツール)でその方法を紹介します。

まずはGoogleサーチコンソールへアクセスしましょう。

 

1.登録してある自分のサイトを選択
Googleサーチコンソールにログインできたら、最初の画面に自分の登録したサイトが確認できます。

これをクリックして先に進みましょう

2.サイトマップの追加

左画面のメニューで「クロール」→「サイトマップ」と進みましょう。

すると画面右上に「サイトマップの追加/テスト」というボタンが表示されるので、ここに上記で作成したXMLサイトマップのURL(sitemap.xml)を貼り付けて「送信」をおします。

 

これでGoogleサーチコンソールにXMLサイトマップの登録が完了しました。

ここまでかなり長かったと思いますが、最後にソーシャルメディアの設定をしておきましょう。

ソーシャルメディアの設定

最後にソーシャルの設定をしていきましょう。

まずは「機能管理」で「ソーシャルメディア」を有効にしましょう。

ソーシャルメディアを有効にすると「All in One SEO」に「ソーシャルメディア」が追加されます。

ここから設定を行っていきましょう。

ホームページ設定
ここでは、設定した内容がSNS上でシェアされた際の設定を行うことができます。

twitterやFacebookをやっていない場合はここだけでも設定しておくのが良いでしょう。

 

AIOSEO の Title と Description を使用する
チェックを入れると一般設定で設定した内容が反映されるようになります。

ホーム画像
ここでアップロードした画像はSNS上でシェアされた際に表示されます。

画像設定

OG:Image ソースを選択
基本的にデフォルトのままで構いませんが、記事やトップ画面で使用している画像を指定することもできます。

画像が見つからない場合はデフォルトを使用
ここにチェックを入れておけば、画像が見つからなかったときに自動的にデフォルトを表示してくれます。

デフォルトの OG:Image
画像をアップロードしましょう。

悩む場合は「ホーム画像」と同じでいいでしょう。

他の項目は無視してOKです。

ソーシャルプロフィールリンク
ここでは使用しているSNSを紐付けることができます。

ソーシャルプロフィールリンク
使用しているSNSのプロフィールURLを入力してください。

複数ある場合は改行して入力すればOKです。

個人または団体のどちらですか?
ソーシャルプロフィールリンクのプロフィールURLの所有者が個人あるいは団体(組織・組合・チーム)かどうかを指定します。

組織のソーシャルリンクでなければ「個人」にチェックしましょう。

関連付けられた名前
SNSで使用している名前を入力しましょう。(まる@maru)

Facebook設定・Twitter 設定はそれらを利用、または公開しても良い場合に設定します。

不要な場合はスキップして構いません。↓↓↓
Facebook設定

Twitter 設定

ソーシャルメタ情報をスキャン
SNS関連のインストールして有効化していた場合、「All in One SEO Pack」で行った設定と重複していることがあります。

SNS関連のプラグインを利用している場合は「いますぐスキャン」をクリックしましょう。

まとめ

このように「All in One SEO Pack 」ではSEO対策のほぼ全てをカバーすることができます。

特にGoogleとの連携が簡単に行えるのは非常に便利です。

サイトマップ作成やソーシャルメディアとの連携も新たにプラグインを導入する必要がないので管理しやすいです。

ワードプレスでサイト運営するなら入れておいて損はないでしょう。

 

サイト 【1000円でホームページが簡単に!】[PR]4000パターン以上から選ぶだけ簡単ホームページ作成サービス

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

月額480円からの高速LiteSpeed採用クラウドレンタルサーバー

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です