Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)にプラグインで作ったXMLサイトマップを登録する方法

スポンサーリンク



 

XMLサイトマップとは、WEBサイト内のコンテンツをGoogleやBing等の検索エンジンに伝えるためのXML形式のファイルのことです。

サイトを巡回しているクローラーにこのファイルを読み込んでもらうことで、少しでも早くウェブ上に記事をインデックス(表示)させる等のSEOにおいて有益な効果を発揮します。

しかしサイトマップを作っても、そのファイルを検索エンジンに認識してもらわなければ意味がありません。

この記事では、検索エンジンにXMLサイトマップを登録する方法をGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)を使って解説していきます。

XMLサイトマップの作成方法

XMLサイトマップを一から手書きで作成するのは非常に大変なので、基本的にはワードプレスで利用できるプラグインを使用してサイトマップを作成します。

サイトマップを作成できるプラグインは「All in One SEO Pack」「Google XML Sitemaps」があります。

All in One SEO Packとは

このプラグインひとつでXMLサイトマップをはじめソーシャルメディア設定などのほぼ全てのSEO設定ができるという優れものです。

豊富な機能がついているにも関わらず無料で使用することができます。

機能が豊富な分、設定する項目が非常に多いので初心者には少し難しいかも知れませんが、設定法を全て解説した記事を用意しているので「All in One SEO Pack」でXMLサイトマップを作成する場合は参考にしてください。

All in One SEO Packの設定法

Google XML Sitemapsとは

XMLサイトマップをシンプルな動作で作成できるワードプレスのプラグインです。

「All in One SEO Pack」と違いシンプルにサイトマップ機能のみの設定ができるので、非常にわかりやすく初心者にもおすすめです。

Google XML Sitemapsの設定法

プラグインで簡単にサイトマップを作成するなら「All in One SEO Pack」か「Google XML Sitemaps」のいずれかで行えば良いでしょう。

GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを登録する

サイトマップを作成したら、Googleサーチコンソールにサイトマップを登録しましょう。

※GoogleサーチコンソールはGoogleで利用できるサービスのひとつなので、Googleアカウントを持っていない場合はまずGoogleに登録する必要があります。

アカウントを取得した上で、Googleサーチコンソールを利用しましょう。

Googeサーチコンソールにサイトを登録

初めて利用する場合はGoogleサーチコンソールに自分のWEBサイトを登録する必要がある。

まずはGoogleサーチコンソールにログインし「プロパティを追加」をクリックします。

Googleサーチコンソールへ

「プロパティを追加」をクリックし「ウェブサイト」に自分のサイトのURLを入力し「追加」してください。

次に、サーチコンソール側にサイトの持ち主であることを証明します。

ここではいくつかの方法を選ぶことができ、ひとつのサイトに複数の認証をしても大丈夫です。

Googleは親切なので、自動であなたのサイトの環境から「おすすめの方法」を提案してくれます。

基本的にはこの「おすすめの方法」で認証すれば良いでしょう。

Googleサーチコンソールにサイトを認証する方法
1.Googleアナリティスクで認証

2.Googleタグマネージャーで認証

3.HTMLタグで認証

4.HTMLファイルアップロードで認証

5.ドメイン名プロバイダで認証

1.Googleアナリティスクで認証
Googleアナリティスクを同サイトで利用している場合はこの方法が一番簡単でしょう。

特に問題がなければこの方法を選択した時点で認証は完了します。

所有権が確認されたという内容のメッセージが出れば成功です。

2.Googleタグマネージャーで認証
同サイトでGoogleタグマネージャーを利用している場合は、この方法を選択した時点で認証は終わります。

所有権が確認されたという内容のメッセージが出れば成功です。

3.HTMLタグで認証
サーチコンソールのソースコードをHTML内に貼り付ける方法です。

上記のサービスを利用していない場合はこの方法での認証が楽でしょう。

方法は、サーチコンソールで「HTMLタグ」を選択しソースコードをコピーしたら、自分のサイトの</head>の直前に貼り付けて設定を保存します。

サーチコンソールに戻り「確認」ボタンをクリックし、所有権が確認されたという内容のメッセージが出れば成功です。

4.HTMLファイルアップロードで認証
サイトのFTP権限を持っているなら、サーチコンソールから確認用のHTML用ファイルをダウンロードし自分のサイトにアップロードする方法があります。

アップロードが完了したらサーチコンソールで「確認」ボタンをクリックし、所有権が確認されたという内容のメッセージが出れば成功です。

5.ドメイン名プロバイダで認証
上記のどの方法でも認証に成功しない場合は、ドメイン名を選択し登録します。
どうしても登録できない場合はこの方法を利用しましょう。

GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを登録【実践】

それでは作成したXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに登録しましょう。

まずはGoogleサーチコンソールにログインし登録した自分のサイトを選択します。

画面左側のメニューから「クロール」→「サイトマップ」と進みます。

下の画面になったら画面右側の赤いボタン「サイトマップを追加/テスト」をクリックしてください。

 

表示された画面で作成したサイトマップのURLを入力します。

 

プラグイン「All in One SEO Pack」でサイトマップを作成した場合は以下の画面からURLが確認できます。

 

プラグイン「Google XML Sitemaps」でサイトマップを作成した場合は以下の画面から確認できます。

作成したサイトマップURLをGoogleサーチコンソールに入力して「追加」すれば登録は完了です。

まとめ

GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを登録しておくと、クローラーが優先的に登録したサイトを実に来るようになります。

クローラーが優先的にサイトを巡回してくれるということは、サイトの情報がより早くデータベースにインデックスされるということです。

ワードプレスでは、プラグインを利用して比較的簡単にサイトマップを作成することができるので、SEOを考えるなら必ずサイトマップ作成し、検索エンジンに登録するのが良いでしょう。

 

サイト

【1000円でホームページが簡単に!】[PR]4000パターン以上から選ぶだけ簡単ホームページ作成サービス

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』





スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です