サーチコンソールでインデックスリクエスト送信時に「リダイレクトされました」とエラーメッセージが表示される場合の対処

スポンサーリンク



googleサーチコンソールを始めて間もない人にとってはどんな操作も難しく感じるものです。

でも躓いたからといって諦める必要はありません。

今回は、googleサーチコンソールの主要な機能の一つである、「Fetch as Google」のエラーについての対処法を解説していきます。

Fetch as Googleとは

googleサーチコンソールの機能のひとつです。

開設して間もないサイトや投稿したばかりの記事は、どんなにコンテンツの内容が良くてもすぐにはインデックス(検索結果に表示)されません。

これを解決できるのが、「Fetch as Google」という機能なのです。

「Fetch as Google」で投稿した記事のURLを「取得」し「インデックス登録をリクエスト」すると、数分から数時間ほどで、リクエストしたコンテンツをインデックスしてくれる便利な機能です。

•[この URL のみをクロールする] では、選択した URL のみが送信され、Google によって再クロールされます。この方法では、30 日間に 500 件まで URL を送信できます。
•[この URL と直接リンクをクロールする] では、選択した URL に加え、その URL から直接リンクしているすべてのページが送信され、Google によって再クロールされます。このタイプのリクエストは 30 日間に 10 件まで送信できます。
Fetch as Google を使用してインデックス登録をリクエストできるのは、以下の条件を満たす取得のみです。
•取得のステータスが、[完了]、[一部完了]、または [リダイレクトされました] であること。
•取得してから 4 時間を過ぎていないこと。

エラーメッセージの原因

初心者の場合考えられる原因は、ほぼ100%記事のURLが正しく入力されていないことによるものでしょう。

サイトを開設して間もない人が、ワードプレスで記事を投稿する際、特別な設定を施すことがないからです。

サイトの作成に慣れた中級・上級者であれば、投稿時の任意の設定などが原因でエラーメッセージが出ることもあるでしょうが・・・。

では、どんなミスが多いのでしょうか?

エラーメッセージの原因と対処法

サイトのURLが入ってしまっている

記事のURLをコピペで入力する人がほとんどですが、その場合、多くはhttps://***/com/が含まれています。

Fetch as Googleで記事のURLの取得を行う場合は、記事だけのURLを入力してください。

つまり、自分のサイトのドメイン以降のURL(https://〇〇〇/com/以降)をコピペして取得します。

/が不足している

記事のURLの末尾に”/(スラッシュ)”が不足している場合も取得できない原因です。

また、自分のサイトのURL(https://〇〇〇/com/)部分の最後の/を消し忘れている場合も考えられます。

その他

パーマリンクを任意で設定している場合は、ワードプレスで設定したURLと異っている可能性があります。
余分な余白などが入っていないか、URLをよく確認してみてください。

まとめ

初心者がgoogleサーチコンソールでエラーメッセージを出す多くは初歩的なミスが多いので諦めずに一つ一つ原因の可能性を潰していけば必ず成功します。

googleサーチコンソールを使い慣れた中級・上級者でさえ時々このようなミスは犯します。

ただのうっかりミスなので、あまり難しく考えずゆっくりチャレンジしてみてください。

サイト

 

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です