googleサーチコンソールに登録したらまずやるべきこと【サイトマップ登録と記事のインデックス法紹介】

スポンサーリンク



 

ブログアフィリエイトで稼ぎたいならgoogleサーチコンソールに登録することは必須と言えるでしょう。

googleサーチコンソールはgoogleアカウントを取得することで利用できる無料サービスのひとつです。

当サイトでは総合的なSEO対策ができるプラグイン「All In One SEO Pack」を使ってgoogleのあらゆるサービスと連携しています。

「All In One SEO Pack」の設定法やgoogleとの連携法はこちらで確認できます。↓

【最新】All In One SEO Pack設定法

Googleサーチコンソールで何ができる?

サイトを開設したばかりの時期は、どんなに良質な記事を書き上げても検索エンジンにサイトをインデックス(検索結果に表示)してもらえません。

googleサーチコンソールに登録することにより、サイトの状態を確認したり、googleからの通知を受け取ることができたり、上記のような開設したばかりのサイトであっても記事をいち早くインデックスさせることが出来るようになります。

この”インデックス”を早める機能は、googleサーチコンソールの一番重要な機能と言えるでしょう。

サーチコンソールに登録した直後にやるべきこと

【1】サイトマップの登録
ワードプレスで作成した検索エンジン用のサイトマップをgoogleサーチコンソールに登録しましょう。

サイトマップを設定することで検索エンジンに新規コンテンツをいち早くインデックスしてもらいます。

サイトマップの作成は、ワードプレスのプラグインで作成することが出来ます。

当サイトでおすすめのプラグインは「Google XML Sitemaps」と「All In One SEO Pack」です。

特に「All In One SEO Pack」は1つのプラグインでほぼ全てのSEO設定ができるので、サイトマップ以外のSEOも設定したい場合はこちらのプラグインがいいでしょう。

一方「Google XML Sitemaps」はサイトマップ機能だけのシンプルなプラグインです。

SEO設定をプラグイン別に管理したい場合や、とりあえずサイトマップだけを作成したい場合はこちらがおすすめです。

どちらもサイトマップとしての機能に違いはありません。

プラグイン等を使いサーチコンソールに登録するサイトマップを作成しましょう。

All In One SEO Pack設定方法

Google XML Sitemaps設定方法

 

【2】記事のインデックスをリクエスト

サーチエンジンに投稿した記事をインデックスしてもらえるように、リクエストを送信します。

リクエストを送信することで、サイト開設直後のコンテンツが少ない状態でも、クローラーに記事の投稿を知らせいち早く検索結果に表示してもらえるよう促すことができます。

googleサーチコンソールにサイトマップを登録したらなら、早速インデックスをリクエストしてみましょう。

 

やるべきことその1【サイトマップ追加】

それでは作成したXMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに登録しましょう。

まずはGoogleサーチコンソールにログインし登録した自分のサイトを選択します。

画面左側のメニューから「クロール」→「サイトマップ」と進みます。

下の画面になったら画面右側の赤いボタン「サイトマップを追加/テスト」をクリックしてください。

 

表示された画面で作成したサイトマップのURLを入力します。

 

プラグイン「All in One SEO Pack」でサイトマップを作成した場合は以下の画面からURLが確認できます。

 

プラグイン「Google XML Sitemaps」でサイトマップを作成した場合は以下の画面から確認できます。

作成したサイトマップURLをGoogleサーチコンソールに入力して「追加」すれば登録は完了です。

※サーチコンソールに反映されるまでに時間がかかることがあります。

 

やるべきことその2【インデックスリクエストを送信】

サイトマップを登録することが出来たら、googleサーチコンソールの機能を早速使っていきましょう。

投稿した記事をインデックスしてもらえるようにリクエストを送ります。

googleサーチコンソールの画面左のメニューから「クロール」→「Fetch as Google」と進みましょう。

 

インデックスリクエストをしたい記事のURLを入力し「取得」をクリックします。

 

取得を押すとステータスが「完了」となるので、「インデックス登録をリクエスト」をクリックして下さい。

※完了以外のメッセージ(【例】リダイレクト)されました)等のエラーが出る場合は、入力したURLが間違っている可能性があります。URLをコピペで貼り付け入力している場合は、URLの最初にサイトのURLも入力してしまっているか、もしくは末尾に”/”が無い等の原因が考えられます。取得に失敗した場合はもう一度最初からURLを入力してみましょう。

【送信方法の選択】画面が開くので、「このURLのみをクロールする」にチェックを入れ「送信」しましょう。

 

「インデックス登録をリクエスト済み」というメッセージが出れば完了です。

操作直後にすぐにインデックスされる訳ではありませんが、数分から遅くとも1時間ほどで表示されるようになるでしょう。

サイト

マルチドメイン、サブドメイン

メールアドレス、FTPアカウント、全て無制限!

★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です