ハンドメイド販売の始め方|初心者がminneで月5万稼ぐ方法を全て公開!

スポンサーリンク



 

ハンドメイドが好き、好きなことをしてお金を稼ぎたい、本気で自家販売に取り組みたいと思っている。

大好きな趣味の時間を少しでも生活の足しにできたら・・・と考える人は多いはずです。

しかし、やみくもにたくさん作って格安で販売していても、せっかく材料と時間を割いて作ったあなたの作品が売れることはありません。

どんな人がハンドメイド作品を買うのか、どんな物がどのような人に売れるのかということを理解した上で価格を決める必要があります。

ハンドメイドで稼ぎたいという方のために、今回はハンドメイドマーケットminneで”とりあえず月5万円を稼ぐ”方法を徹底解説していきます。

 

初心者でも簡単に稼げるのか?

結論から言うと、ハンドメイド販売で稼ぐことは決して簡単ではありません。

なんの知識もない初心者がいきなり販売を始めていくつかの商品が売れることはあっても、作品はもちろん、包装、購入者への対応等がしっかりしていなければ、クレームや返金のトラブル対応に追われ、販売を継続していくことは困難でしょう。

もちろん、初心者が販売を始めること自体は簡単なので、やろうと思えばどんな人だってNOリスクでお金を稼ぐチャンスはあります。

ただ、継続して収入を得られるようになるまでには、それなりの労力と時間が必要ですし、購入者の心理や販売する媒体の仕組みをしっかりと理解しておくことが大事です。

 

minneで販売する利点

 

冒頭で説明したとおり、今回はminnneで作品を販売し月5万円を得る方法を紹介していきますが、ここで”何故minneなのか?”ということに触れておきましょう。

 

minneとは

テレビCMでも流れたことでおなじみ。皆さんが最もよく知るハンドメイド通販サイトなのではないでしょうか。

販売価格は100円前後の格安のものから数万円単位の高価なものまで、様々な種類のハンドメイド作品が販売されています。

作品数は非常に多いですがカテゴリーごとに検索がかけられるので探しやすく、値段からも検索できるようになっているので顧客としては使いやすいです。

また、アクセサリーや雑貨の完成品以外にも、ビーズや布、牛紐などの材料も販売されているので、minneへの登録は作家としても重宝するでしょう。

実際にminneを利用している作家の中には、minneで購入した材料を使用して作品を作っている人もたくさん居ますからね。

数年前まではアクセサリーや雑貨のみの販売でしたが、近年では食品も取り扱うようになり更にハンドメイド作品の可能性の広がりに期待できる市場となっています。

作家同士のコミュニティもteitter等のSNSを中心に数多数築かれており、運営との交流も活発なので、SNSやWEBを使用した集客も見込めるでしょう。

 

何故minneなのか?

登録料が完全無料

こういったフリーマーケット系のサイトへの登録は、月会費や登録料が発生する場合があるのですが、minneではそれらの初期料金がまったく発生しません。

正真正銘の完全無料で簡単に作家デビューできるということです。

 

販売手数料が安い
作品を販売した際の商品単価の10%だけがminneに支払われます。つまり、1000円の作品が売れた場合は100円(10%)+発送料を差し引いた額が手元に入るという計算です。

この10%という手数料は、他社と比べて安く良心的な設定で、初心者でなくとも作家にとっては非常にありがたい価格帯といえます。

同じく大手ハンドメイド販売サイトのCreema(クリーマ)では、販売手数料は8.64%~12.9%ですが、3ヵ月毎の売上げに応じて変動するため、安定的な売上額を算出しずらいというところがあります。

他の販売サイトに関しても、手数料は固定ではあるものの、12%~25%というサイトがほとんどなので、ハンドメイド販売初心者はminneを利用するのがいいでしょう。

 

売上の受取金額上限が低いので利益がすぐに手に入る
嬉しい事にminneでは1000円以上の売上があれば毎月月末〆翌月末払いで自動で売上金が入ってきます。

他の販売サイトだと、自ら受取申請(有料)をしないと売上金が受け取れないというサイトもあるので、これも初心者のみならず、販売する側の作家にとってはありがたいことですね。

最低金額の1000円に満たなかった場合は翌月に繰越になるので、例え一月で1000円以上の売上が上げられなかったとしてもそのお金が期限切れになって貰えないということはありません。

 

作家に対してのサポートが手厚い
作品の販売に際して心配なのが、やはり購入者とのトラブルです。

minneではサポートが充実しているため、トラブルが発生した場合にも迅速に対応してくれます。

特に、何らかの原因で作品が購入者の手元に届いた際に破損していて返金作業を余儀なくされた時等は、minneでは作家と購入者の間のお金の取引を全て代行してくれるので、minneを介して返金手続きを進めることができます。

 

珍しい材料が買える
minneではビーズや布をはじめとする材料も販売されているので、チェーンの手芸屋では購入できない海外製の珍しい材料も手に入れるとができます。

他と差別化を図りたい、よりオリジナリティのある作品を作成したいのであれば購入者としてminneを利用するのもいいでしょう。

 

minneで稼ぐには?

minneで稼いでいる人はどんな作品を作っているのでしょうか?

安価なものから結構値の張るものまで様々な作品がありますが、どちらのほうがよく売れるのか?

たくさんの数を作っている人たちは、材料費・作成時間・生産性を考慮して採算が取れているのか?

以下は売れる人たちが必ずやっている必須ポイントになるので、minneで月5万円を達成するためにも絶対にチェックしておきましょう。

 

価格設定の的確性

作品が売れるか売れないかは、自分がどのような作品をどういう人に売りたいかを理解しているかによって違ってきます。

例えば、500円~1000円前後の安価なアクセサリーがminneで売っていたとします。

その辺りのパーツショップで揃う様なパーツで作られたお店でも売っていそうなデザインのアクセサリーを、わざわざアマチュアのフリーマーケットでお店と同じ値段を出して買うでしょうか?

答えはNOです。

たとえお店と同じクオリティを出せたとしても、お店の値段と同じような値段で売っていれば、お客さんはお店のほうを選びますよね。

素人が作ったすぐ壊れるかもしれない作品よりも、お店で売っているちゃんとした正規品の方がやっぱり安心感がありますから。

逆にお店と同じクオリティのものを安価で提供できればお客さんはその作品を買うでしょう。

更にお店では売っていないようなオリジナリティ溢れる作品であれば尚良いでしょう。

ハンドメイド作品の醍醐味は、なんといってもこの”世界にひとつだけ感”なのですから、このオリジナリティが出せれば、逆に初心者の作品だってお店以上の値段に設定したとしてもお客さんは買ってくれるんです。

お店のようなクオリティの作品を、お店より安い金額で購入したい人に提供してあげたいと思っているのか、それとも他にはない特別な一品を高価でも買ってくれる人に提供したいと思っているのか、自分の作品がどちらのタイプなのかをしっかりと見極め価格設定することが、買って貰うための第一歩です。

 

作品を作るときに気をつけるべきこと
とにかく丁寧な作業を心がけましょう。

もちろん、人に提供するものですから丁寧に作るのは当たり前のことですが、アクセサリーや雑貨で特にシンプルなものに関しては、より繊細で丁寧な作業が求められます。

シンプルな分、お店でも似たような商品は山のように売っているので比較対象となりやすく、作りが甘いと「やっぱりお店のほうがよかった・・・」なんて言われてしまいます。

アクセサリーであれば、丸カンやチェーン部分の加工の際にペンチで擦れた傷、バッグやぬいぐるみなら糸のほつれや縫い目の汚さ等、神経質なくらいに目を配ったほうがいいでしょう。

生産性はもちろん大事ですが、安価で提供するからたくさん作って元を取らなければ!とあせる気持ちばかりが前に出て丁寧な作業をおろそかにしては、次からお客さんはあなたの商品を買ってくれなくなります。

いくらで売るにしても作業・仕上の丁寧さだけは決してはずせません。

 

購入者とのやりとりは丁寧かつ迅速に

購入者、または購入を考えている人からの質問には出来るだけ迅速に対応するようにしましょう。

「お店じゃないから」と言ってしまえばそれまでなのですが、やはり対応が早いと相手の反応や印象も大きく変わってくるものです。

ちゃんと対応してくれる、信頼できる人から取引をしたいと思うのは普通のことですから、ここでしっかりとした対応ができれば、そのお客さんは次からもあたなの作品を買ってくれるようになります。

また、ハンドメイドマーケットの特徴は製作者と購入者との距離が近いということも利点のひとつなのです。

お店では出来ない細かいオーダーや交渉も利用するユーザーにとってはハンドメイド作品を買う事のメリットとなり得ます。

交流が生まれれば作品やその作者に対して愛着が生まれますから、親切な対応をしてあげることで通常のお店よりもリピーターになってくれる確立は格段にあると言えるでしょう。

 

注文が確定したらすぐに発送する

minneでは作品のお届けまでの時間も作者が設定することができます。

自分のペースに合わせた無理の無いスケジュールを組んで、設定した期日までに作品を購入者に届けられるよう作品の包装梱包をし、郵便局等で発送します。

発送は速ければ速いほど喜ばれますが、期日の期間の長さは作品や作者の注文形態によって異なります。

注文を受けてからの作成としているならばなるべく早めに作品を仕上げ発送すること、すでに出来上がっている作品を販売しているのなら、遅くとも3日以内には発送したいですね。

注文後作品作りに取り掛かる場合は、あらかじめ発送目安の日にちを長めに設定しておくのがいいでしょう。

期日より遅れるようなことがあっては、購入者に「忘れられているんじゃないか」という不安を与えてしまい、最悪の場合キャンセルになってしまうことも考えられます。※minneでは入金後に注文が確定します。そのため基本返品返金は受け付けていないので、その場合は別の手続きが必要になります。

遅れるぐらいならあらかじめ余裕を見て長めの期日を設定し、どうしても期日に間に合わないなら購入者に一度連絡を取ってみましょう。

定期連絡で商品の状態を報告してあげるのも購入者を安心させるための有効な手段です。

 

商品の包装はしっかりと

作品の発送は基本”定形外郵便”を使うことになるでしょう。

発送方法は作家が自分で使いやすいものを設定することができ、購入者は作家が設定した発送法の中から自分の好きなものを選びます。

その中でも一番安価で郵送できるのが”定形外郵便”になり、多くの購入者はこの方法を選択してきます。

ただ、定形外郵便での発送は万が一の破損や紛失に補償がなく、発送の際の事故などに関しては一切責任を負えません。

そこで、購入者にもそれを理解した上でこの発送法を選んでもらうか、心配な場合はネコポスや宅急便コンパクト等を利用するよう促す注意書きをしておくと良いでしょう。

そして一番大事な事は、作品が発送中に破損しないようにしっかりと梱包することです。

発送中の紛失や事故は防ぎようがありませんが、破損や状態保管は作者が以下の点に気をつければいくらでも備えることができます。

 

梱包で気をつけるべき事

  • プチプチ等のクッション素材を利用して作品を守る
  • 紛失防止のため作品が袋から落ちないようにしっかり止める
  • 雨水等に濡れないように耐水性のある素材で作品を包む
  • 送り先の住所が雨水等で濡れて読めなくならないよう透明テープ等で補強する

 

とにかく無事に届くように出来るだけのことをしましょう。

意外と気がつかないのが、送り先の住所を郵便屋さんが読める状態に保持するという点です。

住所をマッキーで書いていて雨水に濡れてしまったため、文字が読めず購入者のもとに届けられなかったという事例も中にはありますから、透明テープで保水する等、しっかりと対策しましょう。

発送の安全対策とは違いますが、作品と一緒にメッセージカードやメモを入れると喜ばれます。

 

作品の生産性について

ハンドメイド作品を作る材料費や時間を考えた時、はたして自分が作った作品にそれだけの価値をプラスした価格で商品を購入してもらえるのでしょうか。

芸術として、あるいは趣味の延長として作品作りに取り組んでいるのなら、生産性や効率は関係ありませんが、自分の作品でお金を得たいと思っている人にとっては重要です。

ハンドメイド作品で生計を立てられる人の多くは二つのタイプに分かれます。

 

  • 高額な作品を月に数個程度売って稼ぐ人
  • 安価な作品を月に何十個も売って稼ぐ人

 

高額な作品を月に数個程度売って稼ぐ人の特徴

このタイプの人は、ほどんどの人がこの人にしかできない技術や作風を持っているのです。

作品制作に時間が掛かるものが多いですが、それでも1つの作品に高額を支払ってもいいと思える付加価値をつけることが出来るのであれば、月に5万円稼ぐことなど造作もない事です。

例えば10,000円程の作品を1月に5つ売ることが出来たら5万円稼げることになりますよね。

同じ考えで、5,000円程のもを1月に10個売ることが出来れば5万円の目標を達成することができます。

このように値の張るものでも、売る事さえできれば月5万程度の収益を得るのは簡単です。

 

安価な作品を月に何十個も売って稼ぐ人の特徴

一方安価なものを売って稼げる人は、安価な材料を使用し少ない時間で高クオリティの作品を生み出せる人です。

価格帯を低めに設定している分、たくさん作らないといけないので、1つの作品に1日~2日も時間は掛けられませんから、比較的手軽に作れてしかもオリジナリティがあるヒットメーカーを編み出すのが得意なんです。

簡単に作れるものでも、人気に火が付き月に何十個も売れるようになれば生計だって立てられるようになります。

アイデアを絞り入念に練りこんだ作品を出展しているのです。

これは、やみくもに兎に角たくさん作品を作る事とは大違いで、出展されているひとつひとつの作品が、しっかりとアイデアを練られて販売されているのです。

 

ふたつのタイプで共通している事は、”ヒットメーカーを作る”という点でしょう。

 

材料はまとめ買い

売上げを出せる人はどうすれば材料費が安くなるのかということもちゃんと考えています。

ハンドメイド作品で使う材料のほとんどは、よっぽど高価で特別なものを使わない限り”大量注文で価格が安く”なります。

ビーズや天然石、アクセサリー用の金具類等は特にまとめ買いでお得に買えることが多いので、使用頻度が多いものに関しては、チマチマ買うのではなく一気にたくさん購入してしまいましょう。

浮いたお金でちょっとこだわりたいパーツに奮発できるようになります。

材料を買う時も使いどころを見極めて、安く済ませたいパーツは一気にまとめて購入し、こだわりたいパーツには迷わず奮発できるようなメリハリのある買い物ができるといいでしょう。

 

どれだけ綺麗に作品の写真を見せられるか

作品を売るために一番重視すべきなのが作品の写真の美しさです。

この写真をいかに美しく、しかもなるべく実物の色味が分かるように撮れるかで売上げが大きく違ってきます。

自然光で撮った写真

 

写真を撮るときのポイント

  • 自然光で撮影する
  • 過度な加工はNG
  • 傷などがある場合はそこも写す

 

大切なポイントとしてまずは、”自然光”で撮影するということ。

自然光とは蛍光灯やランプ等の人工的な光ではなく、太陽の自然の光のことです。

理由としては、人工的に作った光よりも、ほぼ実物と同じ質感と色合いを残して撮影できるという点が挙げられるからです。

しかし自然光と言っても直射日光に当てて作品を撮影するのはNGです。

直射日光は明るすぎて逆に色や質感が分かりづらくなり、下手をすると過度な加工をした時のような感じになってしまいます。

自然光で撮影する時は、良く晴れた天気の良い日を選び、朝から昼の1時ごろまでの時間帯で部屋が十分明るい状態の時に直射日光を避けて撮影しましょう。

部屋が暗い場合は電気をつけてもいいですが、電機をつける場合も外からの自然光を取り込むようにしましょう。

また、過度な加工はNGです。

実物が購入者の手元に届いた時に、写真とあまりにも違っていたらクレームになる可能性がありますし、明らかに加工してあると分かるような写真では、そもそも作品が売れません。

作品に傷がある場合、もしくはそのような風味の作品である場合はその部分をしっかり写しましょう。

これも、何も知らずに購入した人からのクレームを防ぐためです。

後は、アクセサリーならば止め具部分のアップなど細かい部分を写してあげると親切ですし、大きさが分かりやすいようにメジャーの隣で撮影したものがあると更に分かりやすいので購入者に安心感を与えます。

 

傷の有無などは正直に書く事

上記の写真の注意点でも触れましたが、作品に傷がある場合、またはそのような作風のものを売る場合は必ず注意書きをしましょう。

何も知らずに注文した購入者から後になってクレームが来るということもあるので、できるだけ詳細を作品説明欄に記入します。

傷があるからといって売れなくなるということはありません。

ハンドメイド作品ですからお客さんも多少そういうことがあるのは分かっていますし、それもひとつの味として捉えてくれます。

大切なのは正直な気持ちと自分の作品を分かってもらいたいという姿勢を写真や説明欄で表すことです。

 

minneに登録してみよう

さて、ここまでの説明でいろいろな注意点やポイントを挙げてきましたが、がんばればやれそうな気がしてきませんか?

実際、ハンドメイド作品を販売すること自体はそれほど難しいことではありません。

作って撮影して注文が確定したら発送するだけですから、趣味の延長線でも家事の合間の小遣い稼ぎでだってできてしまいます。

ハンドメイド作品の販売サイトに登録さえしていればいつでも好きなときに販売管理が出来るようになりますからね。

逆に登録しないことには始まらないということです。

では、早速minneに登録してみましょう。

minneへGO!↓↓↓


 

minneに作家登録しよう

minneへの登録が完了した時点で作品の購入が可能になります。

しかし、作家として作品を売るためには、作家登録が必要になります。

登録が済んだのなら作家登録も一気に済ませてしまいましょう。

 

【1】会員ページに「作品を販売する」というボタンがあるので、これをクリックしましょう。

 

【2】登録したメールアドレスに 本人確認のお知らせ というメールが届きます。

このメールに記載されているURLをクリックすると本人確認が完了され、minneの会員ページに戻ります。

 

【3】再度「作品を販売する」ボタンを押すと、詳細情報を入力する画面が表示されるので、必須事項の入力が完了すればめでたく作家デビューとなります。

会員ページに戻ると作品管理の項目が増えているのが確認できます。

 

minneで販売・展示できるもの

作品を販売する前に売っていいものと悪いものの区別をはっきりさせておきましょう。

規約違反となり作品の販売が出来なくなってしまっては本も子もありません。

販売できるもの 販売できないもの
○手作り作品 ×既製品
○リメイク品 ×転売品
○アート作品 ×一部の食品・食べ物
○素材・材料 ×化粧品・石鹸
○印刷物 ×データ類

販売してはいけないものの中に食べ物が含まれていますが、これはminneが定めていない種類の食べ物のことです。

また、食べ物の販売には厳重な審査がありますが、これはminneに販売者登録が済んでいないと行えません。

 

現在minneで取り扱いできる食べ物のカテゴリは以下の通りです。

  • パン・シリアル・ドライフルーツ
  • チョコレート・クッキー・焼き菓子・和菓子
  • コーヒー・紅茶・お茶・ジュース
  • ジャム・シロップ
※その他のカテゴリーについては順次追加予定

 

化粧品・石鹸が禁止項目になっている件については、これは法律上化粧品に該当する基礎化粧品や香水、シャンプー、入浴剤、石鹸に関しては販売できないということです。

販売した場合にはminneの販売規約に違反するだけではなく、法律上でも違反となるので注意が必要です。

 

さいごに

売上げを上げるためには、やはりそれ相応の技術と知識が必要になります。

趣味の延長で作品を販売する程度ならなんの勉強も必要ありませんが、本気でやりたいと思うなら遅かれ早かれしっかりとした製作知識が必要になります。

もちろん、我流で売上げを上げられる人も居ますが、そういう人は才能に溢れたごく一部の人たちだけです。

しかもそういう人たちは大体勉強熱心だったりします。

最初は独学だけでやっていたとしても、もっといいものを作りたい・更にクオリティをあげたいという熱意のある人はおのずと自ら勉強するようになるものです。

ただ、勉強して完璧に物作りができるようになってから販売を始める必要もないと思います。

自己流でたくさん作って売れるようになってから勉強するのもいいでしょう。

あまり神経質に批判やクレームにビクビクするのもバカバカしいので取り合えずやってみるというのも立派なチャレンジのひとつです。

お客さんはいいものしか買いません。

いきなり販売するのは怖い、何か資格を取ってから始めたいというのであれば、幸い近年のハンドメイドブームで教材は溢れかえっていますから、それらを利用して勉強するといいでしょう。

2,500円程度から資格が取れる教材もあります。

これぐらいの値段なら初期投資としてお金を出してもいいかもしれませんね。

 

チェック

minneで売れない!と嘆いている人に伝えたい売るためのコツ

minneを利用する作家が気をつけるべきトラブルと対処法



 
おすすめの記事

ハンドメイドできるもの~手作りできる雑貨やアクセサリー紹介

minneを利用する作家が気をつけるべきトラブルと対処法

minneで売れない!と嘆いてる人に伝えたい売るためのコツ

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です