Windows 10 がPCメモリを圧迫|高速化のための5つの方法

スポンサーリンク



 

 

ほとんどのパソコンがWindows 10 になりましたが以前のバージョンと比較するとかなり動作が重くなったように感じている方はいませんか?

Windows 10 は使いやすくなった分パソコンに大きな負担をかけているのです。

使用しているパソコンが2~4GBの容量の低いものだともう致命的で、ブラウザを開きながら別の作業をしようものなら動作はガクガクで反応速度も亀の様なノロさになるのでストレスで作業どころではありません。

そこでこの記事では、少しでもパソコンの負担を減らしてWindows 10 の高速化を図るための方法を解説していきます。

Windows 10 を高速化する方法

  • Windows Defenderを無効にしよう
  • 自動で起動する不必要アプリを無効にしよう
  • アニメーションエフェクトを無効にしよう
  • フォルダーオプションを無効にしよう
  • スタートメニューの透明効果を無効にしよう

 

1.Windows Defenderを無効にしよう

Windows Defenderは、Windows 10にデフォルトでインストールされているセキュリティプログラムのことです。

これが常時パソコンをウウィルススキャンしていて、メモリを食っているソフトのひとつでもありまあす。

マカフィーなどの別のソフトをインストールしている場合、同種のプログラムが重複していることになり、パソコンの動作を遅くしている原因になるので、Windows Defenderを無効にするのがいいでしょう。

もしセキュリティソフトを他にインストールしていない場合は、無効にするのは控えたほうが良いでしょう。

 

2.自動で起動する不必要アプリを無効にしよう

パソコンを起動したときに自動で起動するアプリケーション「常駐アプリケーション」の中には、不要なものも多数含まれており、これが常にバックグラウンドで作動しているためにパソコンが重くなることがあります。

デフォルトのままだと不要なアプリが多く常駐しているので、これらのアプリを無効にしてより動作を軽くすることが出来ます。

 

無効にしても平気なアプリケーションプログラム

無効にしてもWindows 10を使用するに当たり差し支えないプログラムでまず該当するのが、 メーカーがプリインストールしている独自プログラム です。

パソコンには必ずメーカーが開発したブログラムがプリインストールされていて、国内メーカーパソコンは国外のものと比べ多くインストールされている傾向があります。

発行元にメーカーの名前が記載されているプログラムに関しては全て無効にしても大丈夫です。

次に無効にすべきプログラムは、 利用していないプログラム です。

パソコンを使用する際に必要ないと感じたものは無効にしてしまいましょう。

常駐アプリケーションを確認するには「タスクバー」(一番下の欄)にカーソルを合わせ右クリックし「タスクマネージャー」を押すと確認できます。

「タスクマネージャー」の項目欄の「スタートアップ」をクリックすると、パソコン起動時に自動で作動するプログラムを確認することができます。

一度確認してみるといいでしょう。

 

無効にしてはいけないプログラム

名称に 「Windows」「Driver」と記載されているものに関しては、初心者は無効にしないほうがいい でしょう。

これらの中には無効にしても問題ないものも含まれますが、Windows 10を使うにあたり必要不可欠なものも含まれます。

初心者には違いを見分けるのが難しいため触らない方が無難でしょう。

それと、 ウィルス対策ソフトも無効にしてはいけません。 

ウィルス対策ソフトを複数起動させている場合は1つに絞っても問題ありませんが、全てを無効にしてしまうと端末が保護されなくなるので注意しましょう。

 

3.アニメーションエフェクトを無効にしよう

Windows 10にはこれまでのバージョンにはなかったアニメーション効果がついていますが、実はこれもメモリに負担を与えている原因の1つになります。

たまにパソコンでインターネットをするぐらいならさして邪魔にもなりませんが、ブラウザを開きつつ作業をしようとなると、負担は減らしたほうがいいでしょう。

 

特にこだわりが無ければアニメーションエフェクトを無効にしてしまいましょう。

「スタート」→「設定」(Windowsキー+I)→「簡単操作」→「その他のオプション」と進み「Windowsでのアニメーションを再生する」をオフにしましょう。

 

これだけで設定は終わりです。

 

4.フォルダーオプションを無効にしよう

フォルダーオプションとは、エクスプローラーなどの表示方法を指定するオプションであり、不要なオプションをオフにすることでメモリへの負担を減らすことができます。

 

「Windowsキー+Eキー」→「オプション」→「表示」→「詳細設定」で下記の項目からチェックを外しオフにしましょう。

 

  • 空のドライブは表示しない
  • フォルダーのヒントにファイルサイズ情報を表示する
  • フォルダーの結合の競合を非表示にする
  • 暗号化や圧縮されたNTFSファイルをカラーで表示する
  • フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する
  • 登録されている拡張子は表示しない

 

これらの項目からチェックを外し「OK」もしくは「摘要」で操作完了です。

 

5.スタートメニューの透明効果を無効にしよう

windows 10のスタートメニューやタスクバーに半透明のエフェクトがかかっているのが確認できるでしょうか。

このエフェクトを無効にすることでメモリへの負担を軽減できます。

スタートメニューを開き「設定」をクリックしましょう。

もしくは「Windowsキー+Iキー」で設定画面を立ち上げることもできます。

 

透明エフェクトの無効化手

「スタート」→「設定」(Windowsキー+I)→「個人用設定」→「色」と進み「透明効果」をオフにします。

 

これで操作完了です。

 

サイト

 

速度制限ナシの高速インターネットなら【ワイマック2+】
マンガ制作ソフトの最高峰【CLIP STUDIO PAINT EX】



スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です