Windows 10 のMicrosoft One Driveとは?無効にしてもいいのか

スポンサーリンク



 

メモリを節約したい!

私が現在使っているパソコンは4GBなのですが・・・

Windows 10が重い・・・!

Windows 10 は使いやすくなった分、パソコンに大きな負担をかけてしまっているんです。

使用しているパソコンが2~4GBの容量の低いものだと、ブラウザを開いただけでも容量がいっぱいいっぱいで、ブラウザを開きながら別の作業をしようものなら動作はガクガク。

作業どころじゃありません。

そこで、メモリを節約しようと思い立ち、手始めにパソコンを起動したときに勝手に起動する不要なソフトウェアを無効にすることにしました。

そこで見つけた「Microsoft One Drive」というソフトウェア。

いったいどんなソフトウェアなんでしょうか?

無効化してもWindows 10を差し支えなく使用できるんでしょうか?

ということで、「Microsoft One Drive」についてちょっと調べてみました。

 

当サイトではWindows 10を高速化するための設定方法まとめを紹介しております。

ご興味がありましたら下記リンクよりご覧ください。↓↓↓

Windows 10の高速化についてはこちら

 

Microsoft One Driveとは

「Microsoft One Drive」とは、マイクロソフト社が提供している無料のオンラインストレージで、パソコンにプリインストールされており、マイクロソフトアカウント(無料)があれば利用することができます。

オンラインストレージとはインターネット上にデータが保管できるディスクスペースのことです。

「Microsoft One Drive」では、インターネット上で同じアカウントにサインインしてある端末からいつでもファイルの保存や閲覧を行うことができます。

例えば、会社で作業していたファイルを「Microsoft One Drive」に保存し、帰宅後に別のパソコンから「Microsoft One Drive」を開いて作業の続きをしたりできます。

パソコンだけではなく、アプリをインストールしていればスマホからも共有した写真やデータを見ることができます。

仕事などでファイルを共有したい人には非常に便利ですね。

 

Microsoft One Driveは無効にしても大丈夫?

使用してない場合は無効にしても問題ありません。

パソコンを開くとデフォルトで有効になるので、バックグラウンドで勝手に起動してメモリを消費するのはイヤという人は無効にしましょう。

普通の人はほとんど使用しないツールなので削除しても問題ないでしょう。

サイト

 

速度制限ナシの高速インターネットなら【ワイマック2+】

パソコン工房【公式通販サイト】

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です