Windows Defender SmartScreenって無効にしても平気なの?

スポンサーリンク



 

 

Windows 10にプリインストールされている「Windows Defender SmartScreen」というプログラムをご存知ですか?

最近のWindows 10パソコンだと、このプログラムはパソコン起動時に自動で作動するスタートアップの設定になっているのですが、このプログラムを含めたいくつかの不要なプログラムが買勝手に起動するせいでメモリを食っているのです。

そのため不要であればプログラムを無効にしてしまいたいところですが、この「Windows Defender SmartScreen」は無効にしてもいいプログラムなのでしょうか?

今回は「Windows Defender SmartScreen」の必要性について解説していきます。

Windows 10を高速化するための方法はこちら

Windows Defender SmartScreenとは

Windows Defender SmartScreen は、フィッシング Web サイトまたはマルウェアを含む Web サイトとして既に報告されているサイトに従業員がアクセスしようとした場合や、悪意のある可能性があるファイルを従業員がダウンロードしようとした場合に、従業員を保護するために役立つ機能です。

「Windows Defender SmartScreen」は、Windows 10の開発者であるマイクロソフトが必要最低限のセキュリティ保護機能として提供しているプログラムです。

機能としては下記のようなものがあります。

一般的な無料フィッシング対策ソフトウェアの簡易版という捉え方でいいでしょう。

 

SmartScreenの機能

•アクセスした Web ページを分析し、疑わしい動作の兆候を探し疑わしいページが見つかった場合、SmartScreen は警告ページを表示して注意を促します。

•アクセスしたサイトを、報告されているフィッシング詐欺サイトおよび悪意のあるソフトウェア サイトの動的な一覧と照合し 一致が見つかった場合、SmartScreen は警告を表示して、サイトに悪意がある可能性があることをユーザーに知らせます。

•ダウンロードしたファイルを報告されている悪意のあるソフトウェア サイトおよび既知の安全でないプログラムの一覧と照合し 一致が見つかった場合、SmartScreen は警告を表示して、サイトに悪意がある可能性があることをユーザーに知らせます。

•ダウンロードしたファイルをよく知られていて多くの Windows ユーザーによってダウンロードされたファイルの一覧と照合しその一覧にファイルが含まれていない場合、SmartScreen は警告を表示して注意を促します。(※この機能はファイルのダウンロードを妨げる場合もある。)

 

Windows Defender SmartScreenを無効にしても大丈夫?

上記の通り「Windows Defender SmartScreen」はマイクロソフトが提供する必要最低限のセキュリティ保護機能です。

よって「Windows Defender SmartScreen」のほかに「McAfee(マカフィー)」等のセキュリティソフトを利用しているのであれば「Windows Defender SmartScreen」は無効にしても大丈夫です。

「Windows Defender SmartScreen」の機能は一般的に販売されているソフトであれば当然のように実装されているものです。

同じ機能を重複してメモリを食い潰すよりも1つに絞ったほうがいいでしょう。

ただし、「Windows Defender SmartScreen」のほかにセキュリティソフトを入れていない場合は無効にしない方がいいでしょう。

 

結論

別のセキュリティソフトを使用しているのであれば「Windows Defender SmartScreen」を無効にしてもいいでしょう。

メモリを消費してまで同じ機能を重複して使うことはありません。

必要のないサービスはどんどん無効化してWindows 10をサクサク使えるようにしましょう。

 

サイト

 

速度制限ナシの高速インターネットなら【ワイマック2+】

ノートパソコンのことならパソコン工房通販ショップ

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です