Windows 10でディスクの使用率が常に100%になる時の対処法|ピアネットワークとは

スポンサーリンク



 

 

・パソコンの動作が重たい

・エラーがよく出る

・ハードディスクのアクセスランプがずっと点滅している

お使いのパソコンにこんな現象が起きたときは、タスクバーにカーソルを合わせて右クリックし、表示された項目から「タスクマネージャー」に進んでディスクの使用率を確認してみましょう。

常に100%に近い状態だとこのような不具合が出てきます。

今回はディスクの使用率を下げるための対処法と使用率が上がる原因について解説していきます。

Windows 10が重くて作業ができないとお困りの方はぜひ最後までご覧ください。

 

WordPressがサクサク動く快速サーバーはこちら



ソーシャルイラストの依頼はこちら



 

考えられる原因

 

・「Microsoft Windows ピアツーピア ネットワーク」が問題となっている可能性があります。

 

・タスクマネージャーで「Peer Name Resolution Protocol」、「Peer Networking Grouping」、「Peer Networking Identity Manager」(ピアツーピアの接続を行うためのサービス)がプロセスを占有している可能性があります。

 

・「OneDrive」や「SuperFetch」などのサービスソフトウェアが原因となっている可能性があります。

 

対処方法

ピアネットワークを無効にする

ピアネットワークとは、ネットワークで接続された各パソコンやその他プリンタなどの端末が、ファイル共有サービスを実行し、互いに利用できるという機能のことです。

共有しているパソコンやプリンタを切ればディスクの使用率は下がるはずですが、この共有機能を無効にすることもできます。

「タスクマネージャー」の「サービス」という項目の中に「Peer Name Resolution Protocol」という項目があるので「無効」に設定します。

「Peer Networking Grouping」、「Peer Networking Identity Manager」も同様に無効にします。

家庭などで同じネットワーク上で何台ものパソコンを使用している場合にはこのようなピアネットワークの暴走が起こることがあります。

 

SuperFetchを無効にする

「SuperFetch」とは、ユーザーがよく使うデータを使用履歴から算出しハードディスクからメモリにあらかじめ転送しておき、キャッシュ(読み込みを早く)する機能です。

上記のピアネットワークと同じくこの機能も無効にしても問題ないです。

 

OneDriveを無効にする

「OneDrive」はマイクロソフト社が提供している無料のオンラインストレージで、パソコンにプリインストールされており、マイクロソフトアカウント(無料)があれば利用することができます。

オンラインストレージとはインターネット上にデータが保管できるディスクスペースのことです。

簡単に説明すると、写真や動画などのファイルを共通のアカウント上で共有できるサービスです。

しかし、利用していない人にとっては無用の存在なので、これも上記と同様に無効にしてか構いません。

 

その他の原因

上記作業でほとんどの場合は解決できますが、それでもパソコンの動作に問題がある場合は下記のような原因も考えられます。

 

・仮想メモリの見直し
仮想メモリとはRAMディスクのような働きをするメモリで、ハードディスクの一部の領域をメモリーの一部として利用する際に作成されるハードディスク上の領域、ファイルのことです。

バーチャルメモリ、ページファイル、ページングファイルともいいます。

仮想メモリは、物理メモリ上に仮想メモリサイズを指定することができます。

物理メモリ上の仮想メモリサイズが不足すると、物理メモリよりもかなり遅いハードディスク上の領域も仮想メモリとして使用するようになるため、パソコンは動きが遅くなります。

そこで、物理メモリに8GB以上の余裕がある場合は、物理メモリ上に仮想メモリサイズを増やすことで改善する場合があります。

 

・BIOS、ドライバー、セキュリティソフトのアップデートで改善する場合がある。

BIOS(周辺機器を制御するための基本的なプログラム)やドライバ(パソコン内部の装置や外部に接続された周辺機器を正しく動作させるためのソフトウェア)、セキュリティソフトを最新のバージョンにアップデートすることで改善する場合もあります。

スマホでも古いバージョンのアプリを使っていると動きが遅くなったり強制終了したりしますが、それと同じでパソコンもソフトのバージョンが古いと不具合が起こることがあります。

使用しているソフトウェアのバージョンを確認してみましょう。

 

・Windows Updateが原因の場合もある。

「Windows UpdateはWindows」をアップデートするのに重要なプログラムですが、これがバックグラウンドで動作し続けることで不具合が発生する場合もあります。

「Windows Update」を停止して改善するか確認してみましょう。

※定期的なアップデートは行いましょう。

 

・使用しているパソコンの問題
使用するパソコンが古すぎる場合、もしくは2GBの低容量パソコンの場合は、Windows 10を使うだけでパソコンにかなりの負担がかかります。

Windows 10は今までのバージョンと比べて使いやすくなった分、容量を食うようになりました。

ブラウザを使用するだけでかなりメモリも消費するので、最低でも4GB以上のパソコンを使う必要があるでしょう。

 

サイト

 

速度制限ナシの高速インターネットなら【ワイマック2+】

BTOパソコン(PC)のことならパソコン工房通販ショップ



スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です