Windows 10で微妙にメモリを食ってるMicrosoft Skypeとは?

スポンサーリンク



 

 

「Microsoft Skype」とは、「Skype(スカイプ)」とのことです。

Skypeを運営していたスカイプテクノロジーズ社をMicrosoftが買収し、現在ではMicrosoftのSkype部門となりました。

これにより、MicrosoftアカウントでSkypeにアクセスできるようになっています。

Microsoft アカウントとは何ですか?

Microsoft アカウントは、多くの Microsoft デバイスやサービスにアクセスするために使用するアカウントです。

Skype、Outlook.com、OneDrive、Windows Phone、および Xbox LIVE へのサインインに使用するアカウントです。

つまり、どのデバイスからでも自分のファイル、写真、連絡先、設定を利用できます。 Microsoft アカウントは「Windows Live ID」と呼ばれていました。

Microsoft デバイスやサービスへのサインインに電子メール アドレスとパスワードをお使いであれば、すでに Microsoft アカウントをお持ちです。

 

Microsoft Skypeは無効にしても大丈夫?

タスクマネージャーで確認すると微妙にメモリを食っている「Microsoft Skype」ですが、無効にしても問題ありません。

「Microsoft Skype」を使わない人にとってはまったく必要のない機能ですから、無駄にメモリを消費するくらいなら無効にしたほうがいいでしょう。

 

無用のプログラムを無効にしてWindows 10の高速化

Windows 10には「Microsoft Skype」の他にも使わなければ無効にしても問題ないプログラムが複数あります。

これらがバックグランウンドで起動しているとメモリを消費しパソコンの動作を鈍らせる原因になります。

使用していないプログラムで無効にしても問題ないものに関しては随時確認し無効にするといいでしょう。

作動しているプログラムを確認するには、タスクバーにカーソルを合わせ右クリックし、表示された項目の「タスクマネージャー」から確認できます。

特に、「タスクマネージャー」の「スタートアップ」から確認できるプログラムは、パソコンを起動すると同時に作動するプログラムなので、立上りを高速化するために「スタートアップ」に設定されている不要なプログラムは無効にしておきましょう。

 

Windows 10を高速化するにはいくつかの方法があります。

気になる方は下記リンクより確認して下さい。↓↓↓

Windows 10がPCメモリを圧迫|高速化のための5つの方法

注意

Windows 10には無効にしてはいけない重要なプログラムが含まれています。

どのようなプログラムかよく分からない場合は調べてから無効にするか、もしくは調べても出てこないものに関しては触らないようにしましょう。

 

 

サイト

 

速度制限ナシの高速インターネットなら【ワイマック2+】
パソコン工房【公式通販サイト】

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です