レスポンシブWEBデザインとは|賢威7初心者の為の設定

スポンサーリンク



 

レスプンシブWEBデザインとは

レスポンシブWEBデザインとは、ユーザーが閲覧するデバイスの画面サイズに応じてページのレイアウト・デザインを最適化して表示させる機能のことをいいます。

スマートフォンやタブレットからのアクセス数が増加している現在、レスポンシブWebデザインはモバイル対応に非常に有効です。

 

賢威7のレスポンシブWEBデザイン設定

賢威7ではレスポンシブWEBデザインがデフォルトで設定されています。

レスポンシブWEBデザインが有効になっているとSEO的にも良い効果をもたらすことになるので、「賢威の設定」の「レスポンシブWEBデザイン」は触らないようにしましょう。

賢威7について詳しく

レスポンシブWEBデザインのメリットとは

ワンソースでPCにもスマホにも対応しているので管理しやすい

文字の修正や画像の差し替えなどの作業が1度の更新で済みます。

 

Googleランキングアルゴリズム対応でSEOに有効

Google検索エンジンの順位は、「ランキングアルゴリズム」と呼ばれるGoogleが独自に定めた評価要因を元にコンテンツを評価し決定されます。

その1つである「モバイルフレンドリーアルゴリズム」に対応できるため、SEO対策で「レスポンシブWEBデザイン」を取り入れることは必須といえます。

 

デバイスの種類に関係なく単一のURLなのでシェアされやすい

PC用サイトとスマートフォン用サイトでURLが2つ存在する場合、閲覧するユーザーのデバイスによっては適してないページを表示させてしまうこともあります。

レスポンシブWebデザイン対応であれば、一つのURLでユーザーのデバイスに適したページを自動で表示してくれます。

このためtwitter等のSNSとも相性がいいといえます。

 

レスポンシブWEBデザインのデメリット

SEOにおいてデメリットとなることは無いでしょう。

しかし、サイトに導入する際は少し面倒な部分があります。

 

レイアウトが複雑だと工数も増える

サイトに導入する際は、CSSの記述が複雑になるので、導入作業の手間も増えます。

対応するデバイスが増えるときも同様です。

 

デザイン・レイアウトに制限がある

CSSで対応できる範囲のデザインやレイアウトを考える必要があります。

 

レスポンシブの作成方法

ページのソースコードの<head>内に以下のコード(ビューポートの記述)を追加します。

このコードを記述することで、各端末の画面幅に合わせてサイトの表示を自動で調整してくれます。

ビューポイントの記述によりサイトを拡大表示できましたが、パソコン表示をそのまま拡大表示させただけなので、この状態のままだととても見づらいです。

より見やすくするためにはCSSで表示の切り替え部分を作る必要があります。

 

賢威7の場合のレスポンシブWEBデザイン設定

レスポンシブの作成は上記のようにひと手間必要になりますが、賢威7ではデフォルトでレスポンシブが摘要されているので面倒な設定は必要ありません。

ワードプレス管理画面左の「賢威の設定」から簡単に「レスポンシブWEBデザイン」を設定できます。

 

サイト

 

SEOテンプレート【賢威】

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です