プラグイン無し!WordPressでサムネイル画像付きリンクを設置する方法

スポンサーリンク



 

WordPressではURLを貼り付けるだけで簡単に「サムネイル画像付きのリンク」が貼れることをご存知ですか?

 

こんな感じ↓↓↓

ワードプレスって何?ブログサイト運営初心者のためのWordPress解説

超初心者でもmixhostでサイトを1から作る方法

 

表示したいページのURLを貼り付けるだけでこんな風に表示できますよ♪

意外と知らかった人も多いのではないでしょうか。

プラグインなしでコピペだけで出来る手軽さが魅力です。

 

この機能について

この機能は、WordPressのバージョン4.4から導入されたEmbed(埋め込み)機能です!

サムネイル画像付きのリンクを表示するには「ShareHtmlメーカー」や「Embedly」などのブックマークレットを使う方法やWordPressのプラグインであれば「Pz-LinkCard」や「Celtispack」、「Browser Shots」などがあります。

今紹介した方法は、WordPressで作られたWEBサイトに限り使うことができます。

 

記事内に画像付きURLを表示させる方法

説明するまでもないですが、上記で説明したとおり、表示させたいサイトのURL(WordPressで作られたWebサイトのURL)を「投稿」の「テキストエディタ」に貼り付けるだけです。

本文内の任意の場所にコピペするだけで、他には特に何もする必要はありません!

おそらくWordPressでサムネイル画像付きリンクを表示させる方法の中で一番楽で簡単な方法がコレでしょう。

 

YouTube・Facebook・Twitter・インスタグラムにも対応

 

YouTubeやTwitter、インスタの投稿にも対応しているので、投稿URLを貼り付ければ、各ソーシャルメディアで「埋め込みコード」を取得しなくてもブログ記事内に表示させることが出来るのです。

 

埋め込み機能のデメリット

URL先が埋め込みを許可していない場合(WordPressであればWordPress4.4以前のバージョンを使っている場合)は機能せず、URLがそのまま表示されてかっこ悪いことになっちゃいます・・・。

 

おすすめの記事

プラグイン無しで賢威7に関連記事を入れる方法

サイト復元がクリック操作だけ!mixhostのバックアップ機能が優秀すぎた。

ブログで稼ぎたい初心者はとりあえず賢威を使っておけば間違いない

css編集は子テーマで!賢威7で最初にやるべき子テーマの作成とは

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です