ストークで記事の編集メニューを充実させたい!TinyMCE Advancedの使い方

スポンサーリンク



ストークで記事を書く為の編集メニューをどうにかしたい!

 

記事の執筆をする際に”見た目”をきれいに見せるために文字の大きさや色を変えて調整するのは重要なことです。

しかし、ワードプレスはデフォルト状態だと記事の編集メニューボタンは簡素なので見出し等が付けにくいです。

調整のたびにタグを打ってレビューを確認していたら埒があきません。

HTMLでタグを直打ちするのはコンテンツマーケティングを始めたばかりの初心者には敷居が高いです。

そこで「 TinyMCE Advanced 」の登場というわけです。

このプラグインを使えば、上記で挙げた問題点を解決し、HTMLやタグの知識がない方でも、無料ブログと同じ感覚で記事を設定できるようになるのです。

 

初心者向けのテンプレートなら賢威7



TinyMCE Advancedとは

 

ビジュアルエディタを強化することができるプラグインです。

HTMLの知識がなくても、直感的に無料ブログのようにコンテンツを作ることが可能になります。

また、編集メニューボタンを自分の使いやすいようにカスタマイズできるので、記事の執筆を効率化することができます。

 

TinyMCE Advanced導入

「TinyMCE Advanced」をワードプレスにインストールします。

「有効化」したらすぐに使えるようになります。

 

1.設定

「有効化」後、ワードプレス管理画面の左側の項目「設定」から、「TinyMCE Advanced」を選んで下さい。

以下の画面が確認できるはずです。

 

下の項目から、使いたいパーツボタンを上部の領域にドラッグ&ドロップで追加していきます。

逆に上の項目の中に使わないパーツボタンがあれば下部領域へドラッグ&ドロップして収納できます。

 

フォント関連は右側・よく使う項目はしたの列にまとめて配置するなど、自分が使いやすいようにカスタマイズしていきましょう。不要なものは収納しておくと余計なボタンを押したり目当てのボタンが探しにくくならずに済みますよ。

「高度なオプション」の設定は「段落タグの保存」にチェックを入れておけば問題ありません。

 

最後に「変更を保存」を忘れずに押しましょう。

 

2.使い方

ワードプレスの「投稿」から「新規投稿」を押します。

すると先ほど自分で設定したパレットが出てきます。

 

後はこのボタンを使って記事にタグを仕込むだけです。

 

まとめ

今回私がこのプラグインを導入した理由が、「ストーク」で記事の編集を助けてくれる編集メニューボタンを設置したかったからです。

これまで「賢威7」を使用していたので気にならなかったのですが、「賢威7」以外のテーマは記事の編集メニューが簡素なことがほとんどなのです。

ちなみに賢威7の編集メニューはこんな感じに豊富です。↓

 

(賢威7って凄い使いやすかったんだなぁ・・・)

とはいえボタンが無いからといって他のテーマをまったく使わないなんてつまんないし飽きます。

今回の「ストーク」もデザイン性とカスタマイズのしやすさでかなり気に入って購入したテーマだったのでなんとしても使いやすいようにカスタマイズしたかったのです。

このプラグインを使用すればどのようなテーマでも記事の執筆がしやすくなるでしょうから、「賢威7」以外のテーマを使っている方には重宝しそうです。

 

ストークを使うとこんな感じのサイトができるよ!

 

 

ブログ専用テーマOPENCAGE(オープンゲージ)の特徴と評価

ブログで使える無料&有料テンプレートおすすめ

ストークの親テーマから子テーマにphpファイルをコピーする方法

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です