賢威7でアドセンス公告を2つ横並びに表示する方法

スポンサーリンク



Googleアドセンス広告でもっとも収益を上げられる広告の貼り方があります。

それは、記事中の折り返し地点や、区切りの良い場所に、「レクタングル (大)」と呼ばれる大きめの四角型(336 x 280)広告ユニットを横並びに2つ配置するというやり方です。

これは、記事を読んでくれた方に、確実に見てもらえる位置なので、非常に効果的です。

近年のGoogleアドセンスの規定では、4つまでの広告ならば1画面に表示させても問題ないということになっています。(※詳細は公式で確認しましょう)

したがって、記事上と記事下に、「ビッグバナー」と呼ばれる横長サイズ(728×90)やレスポンシブという表示媒体に合わせて自動でサイズを調節してくれる広告ユニットを置き、記事の中に「レタリング大」(336 x 280)を2つ並べて設置するという手が使えますね。

広告を2つ横並びにする方法にはいくつかの方法がありますが、今回は、「Shortcodes by Angie Makes」というワードプレスで使用できるプラグインを使用して横並びに広告を設置してみましょう。

 

アドセンス広告を貼る方法

アドセンス広告を貼る方法には大きく分けて2つの方法があります。

ひとつは、取得した広告コードを記事やサイトに直貼りする方法があります。

もうひとつは、プラグインを使用して全ての記事に広告を表示させて一括管理するほうほうです。

広告で収益を上げるためにはより多くの広告をサイトに貼る必要があるので、2つ目の方法が有効でしょう。

広告をサイト内で一括管理するプラグインなら「Quick Adsense」がおすすめです。

「Quick Adsense」には、1画面に表示させる広告の数を設定できるので、あらかじめアドセンス規則に則った数を指定しておけば、誤って規定以上の広告を表示するのを防ぐことができます。

 

「Quick Adsense」を使った詳しい広告の貼り方や、広告取得の方法はこちらの記事で紹介しています。↓

【最新】googleアドセンス広告の貼り方!Quick Adsenseの設定と使い方

Googleアドセンス広告の貼り方や広告取得のやり方がわからない場合は参考にしてみてください。

 

アドセンス広告を2つ横並びにする方法

プラグインの”ショートコード”を使用して横並びにするのが基本です。

(自分で”画像を横並びにするコード”を入力してもいいですが、広告を並べる度にわざわざ打つのは手間なので、プラグインのショートコードを使用して作業を簡略化します。)

画像等を横並びに表示させる”ショートコード”(カラム)を使用すれば、基本的にアドセンス広告も横並びに表示させることが出来るのです。

つまり、カラム系のショートコードを簡単に挿入できる「Shortcodes by Angie Makes」や「Shortcodes Ultimate」といったプラグインをインストールし、カラム機能を利用することでアドセンス広告を2つ横並びに表示させることができるということです。

 

「Shortcodes Ultimate」についてはこちら↓

サイトのクオリティを底上げしてくれるプラグイン!Shortcodes Ultimateの機能紹介

「Shortcodes by Angie Makes」についてはこちら↓

ワードプレスで画像を横並びにするプラグインShortcodes by Angie Makes

ワードプレステーマの「賢威7」で試したところ、「Shortcodes by Angie Makes」ではキレイに広告を表示できましたが、「Shortcodes Ultimate」ではうまく表示できませんでした。

使っているテーマとプラグインの相性によっては上手く表示できないことがあります。

ちなみにワードプレステーマ「STORK」を使っている方は、ウィジェットを使った2カラム表示のショートコードで広告表示が簡単に行えます。

「AddQuicktag」というプラグインをインストールし、2カラムショートコードを登録しておけば、ボタンひとつでショートコードを挿入できます。

テーマに「STORK」を使っている方なら「AddQuicktag」に2カラムショートコードを登録して記事上ウィジェットや記事下ウィジェットに挿入するのもいいですね。

Shortcodes by Angie Makesを使って広告を並べる方法

さっそくプラグイン「Shortcodes by Angie Makes」を導入していきましょう。

まずはワードプレスのプラグインの「新規追加」でShortcodes by Angie Makesを検索しましょう。

「今すぐインストール」を押して「有効化」しましょう。

これでShortcodes by Angie Makesを導入することができました。

広告を横並びに貼り付けるには

使い方を解説していきます。

まずはGoogleアドセンス広告を取得しておきましょう。

Googleアドセンスにログインし「レタリング大」と呼ばれる大きい四角(336 x 280)広告を作成します。

取得した広告コードはコピーしておきましょう。

ちなみに一度取得した広告はGoogleアドセンスの管理画面からいつでも再取得できるので、広告を貼る度に新しくコードを取得する必要はありません。

次に、ワードプレス管理画面から投稿or固定ページの「新規投稿」をクリックし投稿画面を開いてください。

投稿画面が開いたら、エディタを「ビジュアル」で開いてください。

かぎカッコのボタンが追加されているはずです。

アドセンス広告を2つ並べてみましょう。

「」ボタンをクリックし「Columns」→「1/2+1/2」をクリックしてください。

すると以下のようなコードが表示されます。

画像を読み込む箇所は、コードの「Sample Content」の部分なので、この部分にGaoogleアドセンスで取得した広告コードを入力しましょう。

Sample Contentの部分に広告コードを挿入したら、「プレビュー」ボタンで記事を確認してみてください。

※Sample Content部分にコードを入力するときは「テキストエディタ」で入力して下さい。

横並びの広告ができています。

以上がアドセンス広告を2つ横並びにする方法でした。

 

うまく表示されないとき

ショートコードでアドセンス広告を表示させたとき、「片方の広告は表示されているのにもう片方が表示できない」、「2つ並んで表示されているが画像がずれて不恰好に表示される」など、問題が起こる場合があります。

この場合は、挿入したショートコードのスペース(行間)を詰めてください。

コードは見づらくなりますが、余計なスペースを削除することでキレイに表示されるようになることがあります。

 

Word Pressのテーマが壊れた!ログインできない!緊急事態の対処法

2017.12.22

All in One SEOで設定したアイキャッチ画像がtwitterに反映されない時の対処

2017.12.19

Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)にプラグインで作ったXMLサイトマップを登録する方法

2017.11.10

サイト復元がクリック操作だけ!mixhostのバックアップ機能が優秀すぎた。

2017.10.31

子テーマにphpファイルが無い!?FFFTPでphpファイルを子テーマで表示させる方法

2017.10.17

 

サイト 月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です