精神科とはちょっと違う|心療内科とは?普通の内科との違い

スポンサーリンク



 

普通の内科と心療内科、どのような違いがあるのでしょうか?

心療内科と精神科は別物なのでしょうか?

これらの診療所の違いをしっかり区別しておかないと、自分が悩まされている症状はどこにかかればいいの?と悩んでしまいますよね。

 

心療内科とは

普通の内科とは別物です。

心療内科とは、患者の病状を、身体面だけではなく、心理面、社会的側面からも捉えて大きな視野で治療を行うことが目的の診療所です。

そのため、身体的症状を伴わない幻聴や妄想を扱うのではなく、「心身症」と呼ばれる状態を中心に扱っています。

「心身症」とは、身体疾患の中で、その発症や経過に心理的・社会的な因子が密接に関与し、器質的、ないし機能的障害が認められる病態をいいます。

ただし、神経症やうつ病など他の精神症状に伴い身体症状は除外するとされています。

簡単に言えば、災害や死別、いじめや失業など強いストレスによって、胃潰瘍や急性胃炎などの疾患が発症しただけでなく、気持ちの落ち込みや不安などの症状も出現した場合には、心療内科が対応し体の症状と心の症状をフォローすることになります。

つまり、心と体の両方に対しての治療が必要な場合にかかる科が心療内科ということになります。

普通の内科で対応できる風邪などの病状の場合に利用することはありません。

精神科と似ているように感じますが、心療内科は「内科の一部」と考えるのが妥当でしょう。

そのため、身体症状を伴わない幻聴や妄想が出現する場合、またはうつ病によって引き起こされた食欲低下やめまいなどは、心療内科ではなく、精神科の範疇であるといえます。

 

精神科とは

心療内科となんとなく似ている精神科ですが、心療内科よりもより心の病気を扱っています。

例えば、幻聴や幻覚・妄想といった精神症状や、イライラや不安、抑うつなど精神症状に対しても対処するのが精神科です。

精神症状が主となる疾患を扱うのが精神科であり、症状が重く向精神薬などが必要となる場合には精神科が対応することが適切です。

主に扱う精神疾患としては、「アルコール依存症・うつ病・強迫性障害・摂食障害・双極性障害・総合失調症・薬物依存症・パニック障害・不安神経症・PTCD・認知症」などがあります。

ただし、より症状が重い場合、例えば人を傷つける可能性や、自殺の意思が強いなどは、精神科のクリニックで対応するのは困難です。

場合によっては隔離して対処することが必要になるため、より専門的な医師の診断が必要になります。

もし、自分の家族が強い自殺願望がある場合には、精神科クリニックや心療内科ではなく、入院施設があり精神保健指定医と呼ばれる医師が在籍する精神科を受診するほうが適切な治療が受けられます。

 

どこにかかればいいのか分からない

内科、心療内科、精神科の違いを説明しましたが、自分ではどこにかかれば一番良いのか分からないという方もいるでしょう。

自分の症状が、心が原因なのか、体の異常からきているのか迷ったときには、受診しようとする病院やクリニックに相談してみることも一つの方法です。

一番確実なのが電話で聞いてみることです。

自分の症状を電話で伝えることが難しいこともありますが、電話をかける前にあらかじめメモをしておくと、落ち着いて症状を伝えることができます。

また、相談したクリニックや病院が自分の病状に対応できないと分かった場合には、別の対応できそうな診療所を紹介してもらうというのもひとつの手です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です