ショートコードを簡単登録!ストークを使うなら入れておきたいプラグイン【AddQuicktag】

スポンサーリンク



WordPressでテーマに”ストーク”を使っているのなら「AddQuicktag」プラグインは必須です!

「AddQuicktag」をインストールすると・・・

 

記事中に表示させたい記事リンクを画像つきで表示させたり

OPENCAGE最新テーマSWALLOW(スワロー)がシンプルでカッコいい

2018.01.24

ストークで人気記事を表示させるプラグインなら公式が推してるやつがあります!

2017.12.30

ストークで記事の編集メニューを充実させたい!TinyMCE Advancedの使い方

2017.12.30

 

2カラム表示や3カラム表示が簡単にできたり

 

注意書きが作れたり

注意書きに使える枠が設置できますよ♪

 

いろんなことがボタンひとつでできるようになります。

 

AddQuicktagとは

超簡単に説明すると、記事の編集メニューを強化・カスタマイズできるプラグインです。

ビジュアルエディタを強化・カスタマイズしている人の中には、同じく編集メニューのカスタマイズが出来るプラグイン「TinyMCE Advanced」を利用している人も多いでしょう。

「TinyMCE Advanced」もかなり便利で使いやすいプラグインですが、「AddQuicktag」は更に”自分で作ったオリジナルのコードや自由公開されているフリーコードを登録”することができるのです。

例えば、以下のようなコードがあるとします。↓

このコードを使うたびに毎回手打ちしていたのでは記事執筆に時間がかかって非常に手間ですよね?

そこでこのコードを「AddQuicktag」に登録すると・・・

補足説明をいれる

登録したコードをワンクリックで呼び出すことが出来るようになるので、上のような補足説明用ショートコードを簡単に設置できます。

 

ストークには専用ショートコードがたくさん

「AddQuicktag」は様々なWordPressテーマで記事執筆の際に役立ちますが、テーマに「ストーク」や「スワロー」のようなOPENCAGEのものを愛用しているなら絶対に導入しておきましょう。

OPENCAGEのテーマには、「AddQuicktag」で導入できる様々な専用ショートコードがあるのです。

OPENCAGEのテーマを使っているのなら、「AddQuicktag」で記事の表現がぐっと広がります。

「ストーク」が公式で公開しているショートコードはこちらから確認できます。

どんなショートコードがあるのかはそれぞれのテーマのページから確認できますよ♪

 

AddQuicktagのインストール

さっそく「AddQuicktag」をインストールしましょう。

WordPressの画面左メニューから「プラグイン」→「新規追加」と進み、「AddQuicktag」を検索してインストールしましょう。

プラグインのインストールが完了したら、すぐに「有効化」してください。

プラグインを新しくインストールする場合は、バックアップを必ず取っておきましょう。

Word Pressのテーマが壊れた!ログインできない!緊急事態の対処法

2017.12.22

サイト復元がクリック操作だけ!mixhostのバックアップ機能が優秀すぎた。

2017.10.31

初心者でもできるWordPressのバックアップ方法!BackWPUpの使い方

2017.10.31

 

AddQuicktagの設定法

有効化できたらWordPressのメニューから「設定」→「AddQuicktag」と進みましょう。

※インストール済みプラグイン一覧の「AddQuicktag」→「設定」からでも設定可能です。

設定画面で入力するのは以下の通りです。

  1. 「ボタン名」を入力(任意でOK)
  2. 「開始タグ」を入力
  3. 「終了タグ」を入力(全て開始タグに入力しても問題無し)

<b>開始タグテキストテキストテキスト</b>終了タグ

右側のチェック項目は、どの画面でそのショートコードを使えるようにするかを設定できます。 基本的には全ての項目にチェックするのがオススメです。

コードの設定が完了したら「変更を保存」を忘れずに押しましょう。

これでショートコードの登録は完了です。

今登録したコードは記事の編集メニューの「AddQuicktag」から簡単に呼び出すことができます。

 

ちなみに・・・

私が設定したものが以下の画像になります。

終了タグは触らず開始タグに全部ショートコードを入力してます。これでも問題なく使えるので、わざわざ開始タグと終了タグに別けるのが面倒な場合はこれでもOKです。

 

AddQuicktagの使い方

さっそく登録したコードを使ってみましょう。

WordPressの記事編集画面をビジュアルエディタで表示させると、”Quicktags”という「AddQuicktag」のメニューが確認できます。

”Quicktags”をクリックすると登録したショートコードが”ボタン名”で表示されます。

ここから使いたいショートコードを選べば簡単にショートコードを呼び出すことができます。

ちなみにテキストエディタからも登録したショートコードを使うことが出来るようになっています。

 

登録は1つずつしかできない

「AddQuicktag」へのショートコード登録は、1つずつしかできないので、上記の登録内容を入力し「変更を保存」する作業を繰り返す必要があります。

1つ登録し終えると、次の入力画面が表示される仕様になっています。

 

まとめ

WordPressのビジュアルエディタとテキストエディタは、使っているテーマによって最初からコードが入っていたりそうでなかったりします。

「AddQuicktag」ではショートコードを登録することによって色々なボタンを設定することが出来ますが、ワンクリックで操作できるボタンがないと初心者は特に戸惑ってしまいますね。

もしショートコードが分からない、プラグインでボタンを追加していくのは面倒・・・という人がいるなら、最初からショートコードが豊富に揃っている「賢威7」というテーマがオススメです。

賢威7の豊富な編集ボタン

初心者は慣れてきたら今回の「AddQuicktag」を使っていろんなショートコードを使いこなすのもアリですね!

賢威7について

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です