スピード施術の危険性|激安ネイル店の闇

スポンサーリンク



ジェルネイルの登場で身近になったネイル。

最近では1000円台でジェルネイルの施術が受けられる店も登場し、10代~30代の若い女性を中心に幅広い層がネイルを楽しんでいます。

男性でも爪のケアにネイル店を訪れることがありますね。

昔では考えられないほど手軽に出来るようになったネイルですが、一方で現場のスタッフたちが悲鳴を上げていることを皆さんはご存知でしょうか?

 

激安・スピード施術のひみつ

荒っぽい施術

ネイルの施術を安価で受けられる店の大半は、30分~1時間のスピード施術をうたっています。

一見、お客の立場に立ってうたわれたサービスのように思いますが、実はそうではありません。

激安ネイル店では、客一人から得られる利益が少ないため、1日により多くのお客をさばかなければ売上げを保持できません。

何しろ1回の施術で1000円弱の利益しか上がらないのですから、1人に1時間半以上も時間を取っていられないのです。

その為、こういった激安ネイル店では、仕上がりをより美しくし、ネイルを取れにくくするための甘皮の処理などのした処理がないことがほとんどです。

また、ネイルがすぐに剥がれるとクレームに繋がるため、”サンディング”という、爪の表面全体にマシンやファイルで傷をつけジェルを取れにくくする、爪に大きな負担がかかる施術を行う店が後を絶ちません。

この施術法は、比較的価格帯の高い良識ある店では絶対にやらない方法です。

ネイルの施術というのは、ネイルをすれば必ず少なくとも爪の表面を削ることになるので、どんなに丁寧に施術していても爪は薄く脆くなっていきます。

通常の負担の少ない施術であれば、ネイルを付け替える頃には新しい丈夫な爪が伸びてきて、次の施術でも負担はそれほどない為問題なくネイルを続けることができますが、サンディングなどの荒っぽい施術でネイルを続けていると、爪の状態の回復が間に合わず、爪はどんどん薄く弱くなっていきます。

ひどい状態になると、爪が薄すぎてジェルを硬化させるUVランプの熱で痛みを感じたり、日常生活で爪に何かが触れるだけで痛むようになります。

ここまで悪化した場合は、当分の間はネイルは出来ないでしょう。

しかし、激安ネイル店が店を回すには、こういった強引なやり方を強行するほかないのが事実です。

格安の低品質ジェル

また、施術に使うジェルやマシンも、店でプロが使うにはあまりにもお粗末なものを使っている場合がほとんどです。

ジェルは、品質が低いものを使用すると、黄ばみやすく、強度がない為施術後でも取れやすいです。

また、外国製が多く、含まれる成分にはアレルギーを引き起こしやすい物質が含まれる場合もあります。

客はもちろん、常にジェルに触れる機会がある施術者には「手湿疹」の病状が出るなど身体に異状が出る場合があります。

ジェルアレルギーが出る人には体質的な問題ももちろんありますが、劣悪な品質のジェルを使用していた場合は特に表れやすいです。

いきつけのネイルショップの店員が、手湿疹の症状を引き起こしていたら、その店で使っているジェルには注意したほうがいいでしょう。

 

研修はほぼ無し・店の環境は最悪

激安ネイル店の職場環境は最悪です。

実は、これだけ強引な施術をしても、30分や1時間で施術を終わらせることは難しいのです。

それだけのスピードで、クオリティを保ったまま施術を終えることが出来るのは、ごく少数の、それこそコンテストに出るような”達人・プロの領域の人たち”だけです。

今現場で働いている多くのネイリストには、これだけの短い時間で客が満足するような施術を行うことは不可能です。

資格を持っていようがいまいがこれは変わりません。

そもそもこの施術時間には無理があるのですから、何年も業界にいるネイリストであっても無理なものは無理なのです。

しかし、現場で働くスタッフたちは、上司からこの無理難題を突きつけられます。

おかげで店は常にパンク状態・・・先に来た客の施術が終わらないために予約客を延々と待たせる羽目になり、他のスタッフも余裕がない為フォローもせず、客対応は雑になり常にギスギスした空気。

激安ネイル店では、研修期間の戦力にならない人材に給料を払う余裕はありません。

かといって、店をいくつも渡り歩いてきた経験豊富な優秀な人材を雇えるだけの金も用意できません。

そこでこういった店では、1ヶ月足らずのごく短い期間教えただけの、施術などまるでしたことのない素人同然の人を”ネイリスト”に仕立て上げ、いきなり客の施術をさせます。

新人ネイリストは勝手も分からぬままに、この劣悪な職場に放り込まれるわけですから堪ったものではありません。

技術職では普通ありえないことなのですが、これが安価でスピーディーな施術をうたう店の真実です。

 

安い理由が必ずある

ネイル店に限った話ではありません。

美容室や飲食店も同じです。

こういった過剰なサービスをうたうあまり、現場で実際に働いているスタッフたちは疲弊し、ミスや不正が生まれるのです。

都合のいいサービスをうたっている店に行くときにはぜひ一度考えて頂きたい。

なぜこんなにも安くて早いサービスが出来るのだろうか?と。

美容室でカットと一緒にやったネイルの仕上がりが微妙すぎる

2018.02.20

2018年サラリーマン川柳優秀100選から見える社会情勢

2018.02.19

逮捕じゃなくてもながらスマホ女子大生の人生は終わったも同然だ

2018.02.17

プロの漫画家がクリスタの背景素材を使うのってアリ?

2018.02.07

激安ネイル店で施術したら手湿疹に・・・ジェルネイルアレルギー!?

2018.02.05

なぜ年配社員は若い社員に嫌われるのか

2018.01.18

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です