スマホが扱えない営業マンに仕事を任せたいと思うのか?

スポンサーリンク



タブレット型の携帯電話、いわゆるスマホが登場して以来、ガラパゴス携帯はその姿を消していきました。

電話というよりはパソコンに近いといわれているスマホですが、果たして皆さんは使いこなせているでしょうか。

若い人なら問題なく使えるでしょう。

無料通話アプリ「ライン」の登場で、ビジネスシーンでもメッセージアプリを使ったやり取りをする企業が増え、ますます情報共有が活発になった昨今、むしろスマホが無ければ仕事にならないという人も多いはすです。

しかし、今の40代以上の、現役で企業に勤めている人の中には、今だこのスマホを使いこなせない”化石”のような人間がいるのです。

 

スマホが使えない営業マン

ある企業では、客先から営業マンへの連絡を事務員が行っていました。

客先から営業マン宛にかかってきた電話の連絡を、会社が支給している営業マンのスマホにメールで連絡を入れるというのが事務員の決まりでした。

しかし、その企業は勤めている従業員の平均年齢がかなり高く、スマホに限らずパソコンを使いこなせない社員も多くいました。

ある年配従業員はスマホに届く業務連絡メールが開けずに重要な用件を見逃してしまいました。

事務員からは電話の着信も残っていたようですが、年配従業員は自分から折り返すことはなく、連絡を見逃し結局責任を事務員に押し付け、今後自分への連絡は全て電話で行うように指示しました。

考えると事務員に余計な業務が増えただけで、まったく効率的でないような気がしてなりません。

機器を使いこなせばいいだけの話ではないでしょうか?

しかも事務員が一度電話を鳴らしたにもかかわらず、折り返すこともしないというのは営業マンとしていかがなものでしょう。

用があるなら自分が出るまでかけ続けろとでもいうのでしょうか?

あまりにも非効率的で生産性がありません。

しかし、世の中には今時スマホも使えない時代遅れの年配営業マンが溢れかえっているのです。

 

客の立場になったとき

客の立場になって考えてみましょう。

大金が動く重要な取引をするとします。

もし自分が金を出す側の人間だとしたら、今時スマホも使えないような化石人間に仕事を任せたいと思うでしょうか?

この人に任せて大丈夫だろうかと不安にはなりませんか?

もちろん、人脈を生かすのが仕事の会社役員クラスにまでなれば、下っ端のようにスマホやパソコンで仕事をすることは少ないので問題は無いでしょう。

しかし、現役で営業マンとして働いている年配社員は残念ながら違います。

時代について来れない年寄りには仕事は回ってこないのです。

 

この記事もおすすめ

必要スキルは?アマゾンの在宅勤務って実は結構待遇がいいかも!

2018.06.05

キーボードを打つと文字が上書きされて編集しなくていいところが消える

2018.01.24

「PCの音が出ない」を解決!Windows 10でスピーカーとヘッドフォンを切り替える方法

2018.01.22

なぜ年配社員は若い社員に嫌われるのか

2018.01.18

折り返し電話が繋がらない?!ウザイしゃべり方の迷惑電話代行業者

2017.12.08

ITリテラシーが低いとどうなる?周囲にも及ぶ危険性とは

2017.12.07

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です