激安ネイル店で施術したら手湿疹に・・・ジェルネイルアレルギー!?

スポンサーリンク



ジェルネイルをしたら指先にかゆみが・・・

指先が痒い、水ぶくれのようなブツブツができる、といった症状がジェルネイルによって引き起こされる場合があります。

それはジェルネイルによるアレルギーかもしれません。

ジェルによるアレルギーには軽度のものから全身に及ぶ重篤なものまでありますが、多くの場合、安物のジェルを使うことで引き起こされます。

 

ジェルによるアレルギーが起こる原因

まず前提として、硬化前の液状のジェルは、素手で触れてはいけません。

化粧品でも使い方を誤れば意図しない弊害が出てくるものです。

ジェルは、少量で短時間触れる程度ならほぼ危険性はありません。

しかし、これは体質によるため、すぐにふき取ったほうがアレルギーなどのリスクを回避することができるでしょう。

 

安価なジェルを使う危険性

安価なジェルに限らず、体質によってはどんなジェルを使ってもどうしても異状が出る人もいます。

しかし、外国製の安価なジェルを使うことによってそのリスクは大幅に高まります。

安価な価格帯のネイル店の場合は、材料費を抑えるために使っているものも外国製の粗悪なものの場合が多いです。

安物にはそれなりの理由があるのです。

少量で短時間触れる程度ならさほど危険性はありませんが、すぐにふき取ったほうがいいでしょう。

施術をうけるお客よりも危険なのは、施術者のほうです。

客と違いジェルに触る機会の多い施術者であるネイリストは、アレルギーが発生するリスクが高まります。

特に肌の弱い人は、外国産の安価なジェルに触れるのは危険です。

 

症状が出た場合

もし、ネイルをしてしばらく経ってから指先に激しいかゆみを伴う湿疹が出た場合は、爪につけているジェルが原因の可能性があります。

湿疹が出た場合はすぐにオフしましょう。

また、オフ時のネイルの粉末を吸い込むことでも、アレルギー反応を起こすことがあるので、ネイルオフの際はマスクを着用する等の対策が必要です。

ネイル直後のアレルギーや異常の原因は様々です。

ジェルが原因の場合もあれば、オフ時に使用する薬品の影響であるかもしれません。

特定は難しいので、とにかく考えられる原因物質の排除を徹底しましょう。

 

もうネイルはできないの?

症状が出たらもう二度とネイルができなくなるかというと、そうではありません。

ジェルを変えたら症状が出なくなった事例も多いです。

アレルギーの原因物質はなるべく排除するにこしたことはないのですが、どうしてもネイルを諦めたくないという人もいるでしょう。

もちろん、重篤である場合、その原因がジェルやネイル用品であるならば、ジェルを含むネイル系のものを一切排除する必要があります。

健康を損ねてしまっては元も子もありませんからね。

売上げのために安価なジェルを使う店は非常に多いですが、指先の美を考えたとき、やはり手荒れのない健康な指先のほうが、どんなネイルも映えるものです。

あまりにも粗末なジェルを使うのは、お金を取る店としてはどうなのかと個人的に思います。

もし、行きつけのネイル店のネイリストの指が、絆創膏だらけで手荒れがひどい場合は要注意です。

ネイルだけではなく、激安で提供されるものには必ずそれなりの理由があるものです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です