地雷だ解釈違いだと騒いでいるツイッター民について

スポンサーリンク



好きなこと呟けばいいと思う。

誰かと共感したい

多くの人は、喜びや悲しみ、好きなことや嫌いなことを他の誰かと共感したいと感じます。

でも自分の周りの人(この場合は家族や友人など)が、自分と同じものが好きとは限らないし、嫌いとも限りません。

家や学校なんかで「またその話かぁ・・・」みたいな反応をされたことはありませんか?

ほんとうに同じ思い同士だったらいいですが、楽しそうに、あるいは真剣に話を聞いてくれているように見えても、内心は迷惑してるかもしれません。

自分の好きなものや意見を無理やり押し付けられるのってけっこうウザイですし、あまりにもしつこいと押し付けられている対象のモノに嫌悪感を抱くようになったりします。

例えばあなたがゴリ押ししている作品とかキャラクターとか、あなた自身にです。

自分の好きなものが自分のせいで嫌われるのって悲しいし、軽い愚痴のつもりで話しを聞いてもらっていたら、いつの間にか自分が嫌われていたなんてことにもなりかねません。

現実世界で実際に顔を突き合わせて接する友達に迷惑がられることはしたくありません。

人間関係がギスギスすると実生活に支障がでますし。

 

自分と同じもの好きが集まるSNS

twitterは自分の萌え語りのはけ口にぴったりです。

twitterは自分の好きなことをつぶやいている人を選んでフォローすることができますから、好みや趣向が同じ人が集まりやすいです。

興味がなければフォローをはずせばいいだけですしね。

フォロワーと仲良くなれば好きなことについて話すこともできます。

twitter上での会話は知らない他人とのコミュニケーションになりますから、向こうもこちらも多少は相手に気を使って話をすることになります。

だから押し付けがましくならずにすむ適度な距離感が保てるのかなと個人的には感じます。

 

入れ込みすぎると危険

そんな楽しいtwitterも入れ込みすぎると危険です。

twitterは不特定多数の人と繋がることができるわけですから、当然、興味があって繋がったあとも「この人とはやっぱり合わない・・・」なんてことは更です。

ブロックすることもあるしされることもあります。

また、二次創作においては作品やキャラに対する「解釈違い」や「地雷」だのとうるさく騒ぐ人たちもいます。

そこで双方騒がずに大人な対応ができればいいですが、世の中には必要に騒ぎ立てて被害者ぶったり不機嫌ツイートをする人がいるんです。

ネットの上での関係と割り切れる人ならいいですが、入れ込みすぎると関係が壊れたときに嫌な思いをするかもしれません。

 

ネットは思い通りにはならない

twitterをはじめとするSNSやインターネットを使う上で、全てが自分の思い通りになるということはありません。

自分の嫌いなものを見ることもありますし、フォロワーが嫌いなものをあなたが投稿することだってあります。

でもインターネットとはそういうものです。

「地雷が~」「解釈が~」と騒いでいる人は、その気持ちを自分と同じように感じている人たちに共感してもらいたいだけに過ぎません。

発信しているわけですからその反応は千差万別あります。

最初に書いた通りですが、嫌なら見なければいいし、意見したいなら批判も覚悟でそれを投稿すればいいし、どんな反応が返ってこようが自己責任です。

好きなように呟やけばいいと思います。

 

逮捕じゃなくてもながらスマホ女子大生の人生は終わったも同然だ

2018.02.17

twitterにイラストをUPすると画質が悪くなる現象についてソフトによる違いはあるのか?

2018.02.06

スマホが扱えない営業マンに仕事を任せたいと思うのか?

2018.02.02

スピード施術の危険性|激安ネイル店の闇

2018.02.02

クリスタorフォトショップ|漫画・イラストの着色ならどっちが向いてる?

2018.02.01

同人作家がペイントソフトにクリスタを選ぶ理由

2018.01.29

「クリスタのペンがガタガタ」「急にペンが壊れた」|パソコンが苦手な人が陥りやすいワナ!

2018.01.23

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です