逮捕じゃなくてもながらスマホ女子大生の人生は終わったも同然だ

スポンサーリンク



ながらスマホ女子大生事件

ながらスマホの女子大生=高齢女性に衝突、死なす

スマートフォンを見ながら電動アシスト自転車で高齢の女性に衝突し、頭を打って死亡させたとして神奈川県警麻生署は15日、重過失致死容疑で川崎市麻生区の大学2年の女子学生(20)を書類送検。

事故状況について

書類送検容疑は昨年12月7日午後、川崎市麻生区の市道で自転車をこぎだした直後に、前を横切った近くに住む無職、米沢晶子さん(77)と衝突し、2日後に死亡させたとしている。

 署によると、女子大学生は両手をハンドルに添えた状態で右手に飲み物、左手にスマホを持ち、左耳にイヤホンをしていた。衝突直前までスマホを操作し、ポケットに入れようとした際にぶつかった。

 女子大学生は容疑を認め、「女性に気づかなかった」と供述しているという。署は前を見ていなかったことが事故原因と判断した。

自転車スマホで歩行者死亡、女子大生を書類送検 神奈川、重過失致死疑い-産経ニュース

 

警察が事故の状況を詳しく調べた結果、電動自転車を運転していた女子大学生は、当時、左耳にイヤホンをつけながら左手でスマートフォンを、右手で飲み物のカップを持った状態で自転車のハンドルを支え、こぎ出した直後に女性に衝突していたことがわかったということです。

“スマホ持って自転車”で高齢女性死亡 女子大学生書類送検-NHKニュース

 

調べに対し「直前まで気づかず、ぶつかってしまった。重大なことをしてしまい本当に申し訳ない」と話しているということです。

“スマホ持って自転車”で高齢女性死亡 女子大学生書類送検-NHKニュース

ネットでもさまざまな意見が

加害者の実名報道がされないことに怒りの声

去年この事件が報道されたときには、実名報道されないことにネット上では疑問や怒りの声が多々上がったが、同じように大学生が起こした事件でも、性別が男性である場合は実名報道されるケースが多い。

年齢も二十歳を超えていることから、未だに名前の報道がない事実に疑問視する声が見受けられた。

女子大生は人生を棒に振ることになる

逮捕ではなく書類送検であることや実名報道がないことでこの女子大生が社会的制裁を受けていないように見受けられるが、高額な賠償金の支払いが命じられるほか、過失が明白と判断された場合には刑事裁判も行われるだろう。

また、就職においては、刑事事件で有罪の場合は申告する義務があり、もし知らせず入社すると発覚した時点で学歴等の詐称類似の行為になる可能性がある。

逮捕や実名報道がなくとも彼女の人生は大変なのもになるだろう。

彼女はたった一度の自分の愚かな行いのせいで、これからの長い人生を棒に振ることになってしまった。

1億円近い賠償金になるケースもある自転車事故

自転車保険に加入していれば話は別ですが、自転車事故を起こした際の民事裁判における慰謝料は2000~2500万円からがベースだが、平成20年9月に当時11歳の小学生が起こした自転車衝突事故では9500万円もの賠償が命じられたこともある。

自転車でも過失があればしっかり賠償しないといけないが、自転車利用者の多くは保険に未加入の場合が多く、自己破産する例が少なくない。

なぜなくならない?ながらスマホ

今回の事件もそうだが、これまで多くのながらスマホ事故が報道され、そのたびにその危険性や加害者への対応が取りざたされてきたのにも関わらずながらスマホは減らない。

駅の構内や路上では学生やサラリーマン、果ては高齢者までもがながらスマホに興じる。

駅や町がスマホマナーを訴える機会は増えたが、ながらスマホ常習者にはそれも届いていないようだ。

マナーやモラルを訴えるだけではダメとなると、将来的にはスマホに関するルールや罰則を定めた法律も作らなければならない日がくるのではないか。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です