ネイル検定は取るだけ無駄?ネイルスクールは通う価値無しか

スポンサーリンク



ジェルネイルの普及で、将来はネイリストとしてお店で働きたい!という人も増えています。

ネイリスト志望の若者が最初に考え付くのが、「ネイリストの学校」へ行くにはどれくらいのお金が必要なのだろう?ということです。

学校にもよりますが、ネイル検定1級までであれ大体150万円ほどと言われています。

しかしこの「ネイル検定」、スカルプや3D審査が行われる1級以外の3~2級では、サロンワークで生かせるような技術はほとんど学べません。

現在サロンではジェルが主流となっており、ネイルポリッシュ(マニキュア)での審査である「ネイル検定」は持っていても必ず就職に役立つとはいえません。

というよりも、ネイリストへの就職は、級を持っていなくともできてしまうからです。

サロンワークにおいてネイル検定は無意味?!

もちろん級を持っていれば、ある程度のネイルに関する知識があることは証明されるので、サロンに就職する際には他のライバルより有利になります。

大手のサロンであれば、級を持っていることが絶対条件の場合がほとんどです。

が、正直最低でも2級、サロンでも役に立つ級ということであれば1級は欲しいところです。

ほとんどの人が、学校に通って勉強しても2級までしか取れない中、独学で1級まで取れる人もいます。

サロンで働くことを目標としているのなら、素人でも一から教えるというサロンに直接勤めてしまったほうがよっぽど近道でしょう。

ネイリストは国家資格ではないため、ネイリストになるために級を持っている必要はありませんからね。

ただしこれだけは覚えておいていただきたい。

ネイル検定は無意味ではない。

確かに資格が無くともネイルの施術を行うことができます。

しかし、本来ネイルは”爪の健康の上で成り立つもの”であり、その知識を身につけた証明になるネイリスト検定は大いに自分の糧になるものです。

くれぐれも忘れないで頂きたいのは、検定級を持っている人も持っていない人もサロンで働いている人は皆しっかり勉強しています。

級を持っていないからといってちゃんと勉強していないという訳ではないですし、級を持っていてもそれが名ばかりの人も多いです。

とりあえず2級までもっていればいいという考えならば、学校に通わずとも参考書やサロンで教わる知識だけで十分に受かります。

学校に通うのであれば、お金を出して勉強しているということを忘れてはいけませんね。

ジェル検定なら取る価値アリ?

ネイル検定に取る価値がまったく無いとは言えません。

しかし、サロンワークが学べないのも事実です。

サロンワークで生かせる技術を学びたいのであれば、「ジェル検定」を受けることをおすすめします。

サロンで実際に触ることになるジェルを使った検定になるので、より実践的なことを学べるでしょう。

検定は無駄じゃないけど必ず必要な訳でもない

この記事を読んで「検定なんて取っても無意味なんじゃないか」、あるいは「検定を持っていなければネイリストと名乗る価値が無いんじゃないか」と今の自分を否定してしまう人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。

今現在、”ネイリスト”になるためにがんばっている全ての行動に無意味なことなど無いということを分かっていただきたい。

記述したように、級を持っていないからといってちゃんと勉強していないという訳ではないですし、級を持っていてもそれが名ばかりの人も多いです。

正しい知識の無いまま行われるネイル施術でジェルネイルアレルギーが流行したこともあります。

検定なんて取っても無駄という人もいれば、級を持っていない人を偽ネイリスト呼ばわりする人もいて極端な意見だけが目立っていますが、個人的には検定は持っていれば必ず糧になるものだと思いますし、検定を持っていなくとも知識と技量を十分兼ね備えたネイリストはいると思います。

スクールにお金を払うこと、検定持っていることに価値を見出せるかどうかは、その人の努力や学ぶ姿勢次第だと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です