ITビジネスとか5chとかのアクセストレードでよく聞くRSSって何?RSSリーダーでpv数UP!

スポンサーリンク



ネットビジネスにおいてよく使われる商法に、アクセストレードというものがありますね。

これは、あるサイトが別のサイトと相互関係を築き、一方のサイトに来たアクセスを相互関係にあるもう一方のサイトにも送って、互いにアクセスを共有しあうものですが、この「アクセストレード」を行うためにRSSという機能が役立つのです。

RSSって何?

RSSとは”Webサイトの新着情報を配信するフォーマット”のことです。

最近のWebサイトにはほとんどの場合デフォルトで備わっている機能で、「RSSリーダー」というRSS機能を使用するためのツールを使って、自分の好きなサイトの更新情報や新着情報を自動的に取得することができます。

つまり、「RSSリーダー」にお気に入りのWebサイトを登録することで、わざわざおそのサイトへアクセスしなくても、更新情報や新着情報をチェックすることができるのです。

めっちゃ便利!

※RSSリーダーに登録するサイトは、RSS対応していなければなりませんが、現在ではほとんどのWebサイトがデフォルトでRSS対応いています。

RSSリーダーとは

RSSリーダーとは、RSS機能を使うためのツールです。

ネットを閲覧するためにブラウザというツールが必要なように、RSSを使うためにもRSSリーダーというツールが必要になります。

RSSリーダーには大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれ

  • Webサービス型
  • ブラウザ型
  • PCインストール型

に分類されます。

これらのRSSリーダーは大抵のものが無料で使うことができます。

インストールする手間が無く、どこからでもアクセスできる利便性から、人気のRSSツールタイプはWebサービス型となっています。

スマートフォンユーザーの爆発的な増加に伴い、ツイッターやFacebookといったSNSに対応したものがほとんどですね。

RSSリーダーを使ってアクセスを増やそう!

RSSリーダーにサイトを登録してもらうことで、pvを増やすことができます。

とは言っても、登録したからといって突然爆発的にアクセスが増えるわけではありませんが、何もしないよりは確実にアクセス数アップに繋がるはずです。

あなたのブログが誰かのお気に召してRSSリーダーに登録してもらえたら、記事を更新するたびに登録してくれた人に自動で更新を伝えてくれます。

今回は、皆が使っているおすすめのRSSリーダーをまとめてみたので参考にしてください。

おすすめRSSリーダー2選

巷で人気のRSSリーダーの中から使い勝手のいいもの、人気最大手のRSSリーダーを2つご紹介します。

迷ったときはこれで決まり!

1.Feedly

今一番人気のRSSリーダーといえばコレでしょう。

Webページ などでも「Follow on feedly」という緑色のボタンをよく見かけるのでは?

iPhoneやAndroid 端末ともに対応しており、パソコンと同期しての利用の可能です。

カテゴリ設定ができるため、情報収集をしたいホームページを見やすく整理しておけるほか、作成したリストをエクスポートしてチームメンバーなどに共有する便利機能が多数ついています。

アカウント 作成・ログインは、Google アカウント の他Facebook Twitter アカウント も使用できます。

RSS リーダーを使用したことがないはじめてさんは、とりあえずFeedlyを使ってみてはいかがでしょうか?

登録して使ってみる↓

Feedly

スマホからも登録できるよ!↓

Google Play

App Store

2.Inoreader

こちらもFeedlyと並び人気を博しているRSSリーダーのひとつ。

一番のポイントは、最初から日本語対応もしているということ。

もちろん、iPhone・Android 端末・パソコンともに対応しており、英語が苦手な日本人にはありがたい仕様となっています。

連携できる外部サービスが非常に多く、様々なツールから情報の取得が可能になる。

ただし無料版の場合、例えばtwitterなんかは、アカウント を1つしか購読できないなどの制限がある為、この機能を利用して複数アカウント の更新情報を受信したい場合は、有料版への切り替えを検討する必要があるでしょう。

登録↓

Inoreader

スマホで登録↓

Google Play

App Store

人気RSSリーダーを使う理由

多くの人が使う人気のRSSリーダーはそれだけ使い勝手が良いということです。

わからないことがあってもWebで使い方を検索すれば山ほど出てきますし、使用人口が多ければ自分のサイトへの流動もそれだけ期待できますから、RSSリーダーを何にするか迷っているなら人気のリーダーを使うのが無難でしょう。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です