ドコモd払いでアマゾンから覚えのない請求!?d払い補償でお金が戻る

スポンサーリンク



d払いで何十万もの請求が!?

アマゾンから覚えのない請求がd払いで発生している場合、dアカウントが乗っ取られている可能性があります。いわゆる不正アクセスですね。

昨今このdアカウントへの不正アクセスが横行しており、中には何十万円もの覚えのない請求が来たなんて方もいるのではないでしょうか?

今回はこのd払いによる不明請求と補償の有無についてお話したいと思います。

d払いの明細にアマゾンから請求

・d払いの明細を確認したらamazon.co.jpから覚えのない請求が来ていた・・・

・何十万円も請求されててこのまま引き落とされたらまずい・・・

覚えのある方がいたらすぐに警察に相談しましょう。

残念ながらアマゾンは携帯会社から承認を得て決済しているだけなので、たとえあなたが注文していない商品だとしても請求を止めることはできません。

よく考えてみてください。

たとえばあなたが泥棒に現金を盗まれたとして、その泥棒が盗んだお金を使って買い物をしたとします。

あなたはお店にお金を返してくださいと言ってお金が返ってくると思いますか?

お察しの通り返してはもらえません。

クレジットカードや携帯決済の場合も同様で、あなたから盗んだカードやdアカウントの情報を泥棒が勝手に使ったとしても、お店側で補償することはできないんです。

通販のアマゾンで、d払いを不正利用された注文を特定できたとしても、あなた以外の第三者が注文したものをアマゾン側が勝手にキャンセルしたり、商品の発送を止めたりはできません。これはアマゾンに限らず、すべての通販サイトで共通して言えることです。

商品は送ってお金だけ返すわけにもいかないのですし。

つまりお店側でできることは何もないのです。

携帯決済自体を止めればいいの?

お店側で何もできないならd払い自体を止めればいいのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし残念なことに、請求が落ちる前にd払いを止めることはできません。

利用店ではすでに取引が成立している状態なので、たとえドコモでも勝手に請求を止めたりすることはできないんです。

クレジットカードの不正利用だった場合は、カード会社が【チャージバック】という制度を使ってちゃんとお金の保証をしてくれますよね。

携帯決済はというと、d払いに限った話をすれば、ドコモは2019/8/28不正利用の被害を補償する制度を導入することを発表しました。

今まではドコモにはチャージバックのような補償制度が無いため、たとえ不正なd払いの利用で何十万円もの請求が発覚したとしても、お金が返ってくることはありませんでした。

満を持しての補償制度の登場で、今まで泣き寝入りだった不正利用に一筋の希望が見えてきましたね。

「d払い」における不正利用の被害を補償する制度

以前ならばd払いで覚えのない請求が出た場合、それが不正利用だったとしてもお金が戻ってくることはありませんでした。

しかし、d払いの補償制度導入により泣き寝入りする必要はなくなりました。

d払いで不正利用が発覚したとしても慌てずドコモへ連絡しましょう。

【不正利用時の補償内容】
ドコモのクレジットカード「dカード」と同様に補償制度を導入いたします。具体的には、「d払い」等をご利用のお客さまが不正利用の被害にあわれた際、従来は個別対応で補償を実施しておりましたが、2019年8月28日(水曜)からはお客さまの被害について被害額を原則全額補償いたします※。また、2019年8月27日(火曜)以前に発生した被害についても同様に対応させていただきます。
なお、d払い等を導入している加盟店様においてd払い等の決済で不正取引が行われた際も、原則として不正取引に起因して加盟店様がお取引金額に関して損害を被ることのないようこれまで通り対処してまいります。

※お客さまの故意または重大な過失がある場合などには、補償できない場合があります。また、補償に当たってはドコモ側の審査や所定の手続きが必要となります。詳しくは各規約をご確認ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
お客さま向け 0120-800-000(営業時間9:00~20:00 年中無休)

dアカウントのセキュリティ強化

そもそも不正利用される原因は、dアカウントのセキュリティの脆弱性(同じパスワードの使いまわし)や、利用者がフィッシングメールに引っ掛かり自ら情報を漏洩させてしまったなど人為的問題に起因することがほとんどです。

まず、通販サイトやアプリで使用しているパスワードを使いまわすのは絶対やめましょう。

同じパスワードを設定している場合は変更しときましょう。

簡単な数字の羅列だけでは不十分なので、数字に適当な英単語を混ぜたり、大文字と小文字を使用したり、記号が使えるなら織り交ぜたり・・・パスワードを複雑にするだけでも効果はあります。

また、不審なEメールに警戒してください。

アマゾンやドコモから、メールアドレスやパスワード、カード番号などの個人情報を求められるEメールが届いた場合は、詐欺を疑いましょう。

詐欺メールはどんどん巧妙になってきています。

個人情報を聞き出そうとするEメールには返信せず、必ずアマゾンやドコモに確認しましょう。

ちなみに・・・

ドコモにもアマゾンにもどうにもできないなら銀行口座の取引を停止してしまえばいいのでは?と思い、銀行窓口にきいてみたところ、カードや携帯決済で不正球がある場合はカード会社や携帯会社、あるいは利用店にまず問い合わせてほしいと言われました。

曰く、カードや携帯決済の請求が発生している場合は、銀行側も一方的に取引を停止したりはできないみたいです。

ただ、一時的に口座の取引を停止することは可能なようなので、口座のお金をとりあえず守ることくらいはできそうですね。

ただし、いったん取引を停止すると、次に取引再開するまで1~2ヵ月かかることがあるので、その間お金の引き出しはできませんから注意が必要です。

もし口座を複数持っているなら、不正請求されたカードや携帯決済で利用している口座からお金を別の口座に移してしまうのもいいかもしれません。

【適切なパスワードの設定と管理のお願い】
・他社サービスとは違うパスワードを設定する。
・パスワードは定期的に変更し、過去に使用したものは使用しない。
・第三者が容易に推測できるパスワードを使用しない。
・パスワードを適切に管理し、第三者に伝わらないようにする。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です